新着Pick
424Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
遂に・・・・遂にきました、このニュース・・・・!!!!涙涙涙涙涙涙

記事にある通り、10月頃からボイジャ−1号がヘリオポーズを超えた時と似た変化が観測されていたので、近いだろうと予想されていました。

太陽系探査のニュースが非常に多かった2018年の最後を、とびきりの大ニュースで締めくくってくれました!

ボイジャ−2号は太陽系外に出た二番目の人工物となり、星間空間を直接観測します。科学的には、1号では壊れてしまっているPlasma Spectrometerが2号ではちゃんと動いているのがデカイです。

そして・・・・いいですか、個人的な想いを書いて・・・・?

僕、今朝、このニュースを涙無くして読めませんでした。

ボイジャ−2号、僕を宇宙探査の世界へと導いてくれた恩人だからです。

忘れもしない1989年の海王星フライバイ。あの時にテレビ越しに見た海王星の青く美しい姿。光の速さでも5時間もかかるような宇宙の彼方へ、人が造りし機械が正確に飛んで行ってその謎を解き明かす。

なんてすごいんだ。子供心に思いました。

そのボイジャーを作ったのが「NASAジェット推進研究所」。NHKのアナウンサーが読み上げるその呪文みたいな言葉がずっと頭の中に残っていて、いつか僕もそこでボイジャーみたいな宇宙船を作って宇宙の謎を解き明かすんだ、と思いました。

それが、6歳の頃。

それから24年かかって、僕はボイジャーの生まれ故郷、NASAジェット推進研究所にたどり着いた。

そして、ボイジャーは太陽系の外へ。

僕はまだ地球にいる。

Von Voyage, Voyager. 僕も追いかけるぜ。

【追記】ボイジャー、思い入れがありまくりなので僕の本でもページ数を多く割いて描きました。これほどドラマの多かったミッションはそうそうありません。無料で読めます:
https://koyamachuya.com/column/voyage2/95359/
https://koyamachuya.com/column/voyage2/95360/
https://koyamachuya.com/column/voyage2/95365/
小野さんのコメントが...美しすぎる...(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

少年よ、、大志を抱け、、、

私も頑張らないと...!
ステキなコメントでした。ありがとうございます。
太陽圏と太陽系は違うのですね。
2030年前後には通信できなくなるというのは残念。

「ボイジャー1号と2号は太陽風が届く太陽圏から外へと出ましたが、これは正確には太陽系から飛び出したことを意味しません。太陽系の最も外縁部には太陽の重力に影響を受けて漂う天体からなるオールトの雲があるとされます。両機はともに、最終的にはそこに到達するはずですが、オールトの雲の内縁に到達するのに約300年、外縁には約3万年がかかるだろうと、科学者らは推測しています。」

「太陽から遠ざかるにつれ太陽光の検出が難しくなるため、ボイジャー2号との通信は2030年前後には途絶えると考えられています。」
41年かけて177億キロ、それでもわずか0.002光年に過ぎないのか。。。太陽系のすぐ「隣」のプロキシマ・ケンタウリまでは4.2光年。宇宙は想像を絶する広さだ。
なんという歴史の長さ!そして今でも通信できていることもスゴイとしか言いようがない!
凄いなぁこれ。41年もメンテなしで作動し続ける機械類に感動やわ
小野さんのコメントを読みながら、思わず涙が出てしまいました→地下鉄の中です^_^

ボイジャー2号が、いつの日か地球以外の知的生命体→宇宙人に👽に出会える日が来ることを願っています❗️
そして、ボイジャー2号がこれからもたらしてくれるSurprising newsが、次の世代の宇宙研究者を生むことでしょう。

個人的にはボイジャーと言えば、松任谷由実の歌が頭の中で聞こえてきます。
竹内薫さんの「ホーキング博士 人類と宇宙の未来地図」を読んだばかりなので、最悪の状態も考えてしまいますが。
原子力電池のおかげだよね。
やばい、小野さんのコメントを読んでたら、自分まで泣けてきてしまった。感動。