新着Pick
203Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
レジェンド!!過ぎて絶対やってくれると信じさせてくれるからすごい。しかし言うてビッグスキー場はリフト混んでますし、人が全く入ってないところとの差が大きいイメージ。先ずは全国リフト券を一律モバイル決済にしてデータゲット。からのターゲティングで人々を動かし、そこにドカンと私をスキーに連れてってみたいな「スキーかっこいいブーム」をつくる後押しがあるとデカイのでは。同時にエンタメ化(フェンシングを真似れば)と地元産業とのシナジーアップで相乗効果が第一歩ですかね。
私がアドバイザーを務める秋田県・仙北市でも毎年モーグルW杯が開催されていますが、オリンピックイヤー+原選手の活躍などで盛り上がった今年でも過去最多の観客数で5,500人程度。ただ見るだけではなく、それ以上のコンテンツを用意できるかがカギとなってくると考えます。
余裕あったら絶対応募してた!
https://www.bizreach.jp/feed/#!/backgroundrecruiement/1197/622
太田雄貴さんやダルビッシュ投手など、皆川賢太郎さんに話を聞きにくるアスリートは多くいるそう。スキー連盟が現在の収入11億円から100億円を目指す戦略を聞き、ウインター産業の高いポテンシャルを感じました。スポーツ連盟改革の成功例となり、横展開されて行くことを願うばかり。
普及・強化を主な役割としていた競技団体から発想が広がると面白いですね。特にスキーはスキー場を民間企業が経営しているので、レジャーとして盛り上げることを考えれば民間との連携は必須。スキーという競技だけでなく、そのスポーツがそこにある事でどういった価値が生まれるのか、までビジョンを共有できれば、巻き込める人は多くなるのではないかと思います。
ついに皆川くん登場!彼みたいな選手が各協会に一人いればスポーツは相当変わる
この話を読んで武井壮さんの「オトナの育て方」という授業とリンクしました。はじめてちゃんと見てみたのですが、スポーツと経済価値、クオリティとニーズなど、大切な関係性を教えてくれる内容。

人に求められる数が社会的価値ならば、スポーツにおけるマーケティングは極めて重要ですよね。
ここに強い可能性を感じます。
ーーーーーー
SAJは習い事文化と、本当にトップ・オブ・トップのことが密接している団体だと思っています。そこを新たに作るというより、すでに存在しているものなので、再ブランド化したいと思っています。
フェンシング協会に続く流れで興味深いです。
ここでしっかり結果を出せれば、その後の伸びしろは非常に期待できますね!
競技スキーだけが頂点でスポーツを引っ張るという発想も古くない?例えば利尻島の360° 見える頂上からのアドベンチャースキーなどは⛷どうか?