新着Pick
1044Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
音楽は、その時々の思い出と紐付いてます。だから、昔聴いていた音楽を聞き直す時、それを聴いていた情景が蘇ってくるのではないでしょうか?

ちょうど初めてCDを買ったのが、平成元年だったのだな、と改めてランキングを振り返って気付かされました。そう考えると、平成の30年は、チャゲアスから入り、ミスチル、小室、ネオアコ、メロコア、林檎、m-flo、米ヒップホップからジャズと、まぁ成長段階に応じていろいろ聴く音楽も変わったのだなぁと改めて気付かされました。

あと、この平成史では30年を5パートに分けましたが、個人的には2008〜2014年がすっぽり抜け落ちてます。そんときに聴いてた音楽が思い出せなければ、自分がその時に何をしていたのかも、定かでない気がしてきます笑。

ただ、2015年以降、明らかにまた新たな音楽に触れることが多くなってきました。1990年代ほどとまではいいませんが、産業の復活を期に、また一つの大きな豊潤な時代を迎えるのではないか、と個人的には期待しています。

ちなみに、時代を振り返るのに宇野維正さんの「1998年の宇多田ヒカル」、柴那典さんの「ヒットの崩壊」は絶好の教材です。また、最後に入れたプレイリストは、平成のヒット曲を網羅しており、たまに聞きたくなります。

7日間に及ぶ特集お読みいただきありがとうございました。皆さん良い年末をお過ごしください(まだ書くこといっぱいありますが……)。
バナーにコーネリアス、くるり、ハイスタ、ナンバーガールといった、ヒットチャート上位とは少々縁遠そうな面々のジャケットが使われているのは、中の人の趣味でしょうか?ロキノン系アーティスト全盛期に10代を過ごした自分には刺さります(ミッシェルガンエレファントも入れて欲しかった)。

こうして見てみると、2000年代後半以降のヒットチャートになんの意味もないことがよくわかります。
90年代中期から後半にかけてがJポップ全盛期だと話すと、いつも「それは自分の世代だからだろう」と言われるのですが、改めて見ると、やはり当時がルネサンスだったと思いますし、自説は曲げません。やはりTKは偉大でしたし、TKサウンドに対するアンチテーゼ的な、セルフプロデュース感溢れるミュージシャンの台頭もあって、厚みがあったと感じます。
このあたりは『1998年の宇多田ヒカル』を参照されたい。
https://amzn.to/2BkEjDy

それはそれとして、せっかくNewsPicksの企画なんですから、ここに掲載されている曲のうち、どれだけがストリーミング配信されているのかなど示してもらうと、なおよかったですね。
森川記者とエディター福田くんと作成したヒットチャート30年分。こういうのを見るととなんだか年末を感じますね。

個人的にびっくりしたのは「だんご三兄弟」売れすぎ!というところと、KAT-TUNが意外にもけっこうランクインしていたことです。あとは、2008年以降はAKBと嵐ばかりで、特典が絡んだ結果としてのチャート、という印象が強くなっています。

※そういうこともあり、2015年以降はオリコンランキングではなくビルボードランキングを採用しています。

基本的にビジュアル系や電波ソングを聴いて生きていたのでヒット曲をさほど知らないのですが、最近ちゃんと知っとかないとやばいかも?と思いながら、プレイリストを漁ってみています。

みなさんの思い出の音楽話などゆるくコメント欄で聞かせていただければ嬉しいです!


追記:表記揺れや誤字のご指摘、誠にありがとうございました。
修正いたしました。
特集最後は平成30年の音楽史を各年のチャートと共に振り返ります

95年、平成7年生まれの自分にとって、記憶にある最初のヒット曲は「だんご3兄弟」だった気がします笑

小学生の時はORANGE RANGEを聞き浸り、ちょうど2008年、中学に入ったところで、アイドルがチャートを独占し始め、ちょうどその頃、フジファブリックの「若者のすべて」でロックバンドに本格的にハマったり、洋物をディグる(と言っても地元のレンタル屋で片っ端から借りる)ようになったのを思い出しました。

そのせいで高校時代は、90年台のUKロック一色。ちょうどマイ・ブラッディ・ヴァレンタインの新譜が22年ぶりに出ると知り、友人に「新譜が出るよ!!!」と言っても、みんなRADWIMPSばっかりでまったく共感されず、ひねくれて全然聞いてませんでしたが、昨年のフジロックでDADAを聞いて感動して、ちゃんと聞き直しましたw
綺麗なインフォグラフィック。
正に80年代半ばから2011年迄
レコードメーカー一筋で生きてきた
自分にとっては年代毎の想い出や記憶が、
あまりに沢山蘇り、感慨深いです。

その前から兆候はありましたが、
2012年独立期以降は本当アイドル全盛期ですね。
業界の第一線を外れて色々ともがいて相変わらず真っ当に
音楽だけに向き合って来ましたが、
此れは此れで良かったのかもしれません。

ここ最近インディ、オルタナティブな処から
新しい潮流が産まれている事を肌身で感じています。
また新しくワールドワイドな新進気鋭の音楽家の時代が来ます。

当事者のアーティストの変遷や、栄枯盛衰は凄まじいですが、
どちらかというと矢張りスタッフ裏方で
日本のポピュラー音楽史に触れて来たので
何処か客観視できるのが幸せかも知れませんね。

今回の特集も力が入った内容で個人としてとても楽しめました。
敢えていつもより自分中心の主観的なコメントを書いてみました。

NEWSPICKS記者の森川さんを始め携われた方々
お疲れ様でした。そしてありがとうございます😊
GLAY分野プロピッカー(!)の立場で、GLAYの切り口で再編集します。

このランキングでも表れていますが、B'zやミスチルは2000年以降もずっとランクインしているわけですが、GLAYはある一時期に集中しています。

97年 HOWEVER
98年 誘惑/SOUL LOVE
99年 winter,again/BE WITH YOU
02年 way of difference

2000年に発売された「とまどい」も100万枚売れたのですが、ランクインならずでしたね。

GLAYは94年にデビューして、95年、96年はあまりブレークしませんでした。この頃に出した曲は、「生きてく強さ」や「ずっと二人で...」など、後に名曲と呼ばれるものですが、認知が弱かった。なお、この頃にTERUが「髪を切ったら売れるかな」ということで、思いきって長髪を切ったら事務所から契約違反だと怒られたそうな。

そして友達の赤ちゃん誕生のお祝いとして作った「グロリアス」が初のオリコンチャート入り!続いてBELOVEDが大ヒット。そして「口唇」「HOWEVER」からくるGLAY黄金時代へと繋がっていきます。

そして、ここがマーケティングの妙なのですが、「HOWEVER」以降GLAYが売れまくった理由は分かりますか?曲が良いから?私は違うと思います。

上に書いたように、95年まであまり売れてなかったGLAYが、96年、97年にいい感じに売れてきて、そのタイミングで異例のベストアルバムを発売しました。皆さんご存じの青くて怪しげなアレ。「REVIEW-BEST OF GLAY」です。このアルバムは、99年のタイミングでギネスブックの「日本で最も売れたアルバム」に認定されるほどになりました。(なお、今は3位)

HOWEVERの爆発的なヒット → ベストアルバムの日本最高レベルのヒット → 一気に認知拡大 → その後一気に大ヒット

というのが私の認識です。


今度機会があれば、「GLAYはなぜ突然姿を消した(と思われている)のか」について書こうかなと思います。
見ていて、トップ10のどれくらいを口ずさめるかで、どこが音楽聴いてたピーク期なのか、はたまた記憶力のピーク期かが分かってしまう…
90-05年くらいはすぐ出てきて、そのあとはかなり出てこない。ものすごく流行った曲や、昔から活躍してるアーティストなら分かるものもあるが、という感じ。

小さい頃、父親が昔の音楽を懐かしいと言いながらテレビで見ていて、よく理解できなかった(よさも含めて)。自分の子供も、90年代音楽を自分が見てる時にそんなこと思ってる!?
音楽やテレビといったコンテンツは、時代を表し、またその時代を生きたことの共通言語だと感じる。
それにつけても、サザンは本当にすごいですねー。

昭和の時代から、ずっと第一線にいたのですから。
松任谷由実も同じく行きが長いけど、サザンほど高位安定はしていないかな?
80−90年代前半はリスナーとして、90年代中盤からは取材対象として、近年は娘たちと一緒に楽しむものとして、30年間ずっと日本のヒット曲を聴いてきました。そんな90年代中盤のライター時代、KGDR(キングギドラ)をインタビューする機会がありました。興奮気味の私は、インタビュー冒頭誤って「キングコブラさん」と言い間違い、さらに「すみません、ゼブラさん!」とジブラさんを怒らせてしまったことがあります。その失敗を師匠ライターに報告したところ「僕は、小室哲哉を小室等と言い間違って、取材拒否になったことがあるよ」と慰めてもらったことを思い出しました。失われた30年、そう簡単に失われないものもあるなと、記事末にある「平成ポップヒストリー」を聴きながら蘇る記憶を楽しんでいます。
CDTVみたいな特集をNPで見ることになるとは、ミスマッチ感が素敵です。わかるジャケットも多くてなつかしい!(ナンバーガールがある!)
この記事を見ておくと忘年会のカラオケが楽しくなりそうです 笑

印象的なことは2つで、1つ目はヒットの背景には必ずと言っていいほどテレビとの連動があるということ。
最近はさすがに以前ほどではないものの、星野源の恋はドラマですよね(もちろんネットの作用あります)。

2つ目は、音楽業界を取り巻く変化の速さ。特に「チャートの崩壊」以降の崩壊の仕方が急すぎて。。

結局、みんなが同じものを見ているからヒットが生まれるわけで、でもみんなが見るものがバラバラになってきたので流行も多様になってきたということなんだと思います。

ちなみに、出所にある「1998年の宇多田ヒカル」はお勧めの本です。当時デビューした宇多田ヒカル、椎名林檎、aiko、浜崎あゆみに対する人物評を通して、当時の時代背景や音楽業界の問題について考えさせてくれます。
この4人のアーティストは今でも聴いたり歌ったりすると新しい発見があって、しかも今も活動を続けて新しい作品を世に出し続けていて、彼女たちが同じ時期に出てきたのはやっぱり時代の分岐だったんだと思います。
この連載について
2018年、音楽シーンが大きく変わった。ストリーミングサービスの登場で、音楽の国境はさらに消えていき、アジアの音楽家たちが全米を制覇した。さらに、次なる時代に向けて、アーティスト自身が全てを決め、ヒットを生み出す動きが広がる。その最前線を徹底レポートする。