新着Pick

「NHKが映らないテレビ」は販売困難…「イラネッチケー」誕生の理由、製作者に聞く

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
193Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
考えてみれば、受信を拒否する自由が全然担保されてない。記事中も「契約しない自由」みたいな論調ですが、玄関に中身不明のダンボールを置かれて請求書が後日郵送みたいな世界な気も。(僕自身はNHKのドキュメンタリーが好きでよく観るのですが、ニュースソースも今や完全にWebですし、何とかしてほしいと思っている人も多いのではないかと思います。)
NHKは番組のクオリティーは民放に比べれば良いと思っているので、受信料払うことは良いです。ただ、高すぎですし、送りつけ商法は大反対ですね。
これだけ技術が進歩したのに、放送法で決まっているから払え、って昭和じゃないんだし、結果として、NHK見ているのに払っていない人もいる不公平が解消出来ず、時代遅れの単なる怠慢なのに、法律を盾に高額な受信料を支払わせる態度が許せない人が多いんでしょうね。ここまで嫌われる理由って。
受信者は受信料を支払うことが放送法で規定されています。民間放送ではなく公共放送なんだから、「俺は見ないから払わない」というような個人の話ではないかと思います。
教育や情報に関する公平性を担保することが機能の一つであって、財政的な観点で捉える必要がある。
選ぶ自由はあっていいとは思うのと、この発想は本当にスゴイ
一方、NHKは年々どんどん面白くなっていると思います。
面白い番組を作らないといけない責任感に溢れているんでしょうか、この辺のモチベーションの源泉を紐解いてみたいです。
「NHKと契約しない自由」が実質的になく、かつ国としてもそのような方針なのであれば、受信料は税金にして国民全員から薄く集めたほうがいい。ちなみにテレビメーカー各社にとって、特にSONYはエンタープライズユースにおいてNHKはかなり大きなお客様だからね!
テレビを持つことをやめたほうが簡単なのに。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア

業績