新着Pick
632Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ハラリがシリコンバレーで人気があるのは、自分は一般の人たちとは違い特別だ。「私たちはあなたを必要としていない。でも、私たちはいい人だから、あなたの面倒をみてあげよう」心の底で本気でこう思っている思いを代弁しているから。飛んだ特権階級思想。ベーシックインカムもヒトの尊厳を馬鹿にした特権階級思想。少し他の人に先駆けて時代に適応できただけで、自分たちは特別だと思うのは危険な思想

ハラリが語っている「役立たず階級」というのは物質的なモノを作り出すという生産性の面で必要がないAIに代替えされてしまう人たちのこと。これからは今までのモノを作る生産性以外の仕事が増えてきて、多くの人はそこに従事するようになる。逆にいうと今までのAIで代替できてしまうモノ作りに固執してしまうとハラリのいう「役立たず階級」に転落してしまう。社会の考え方を含めた大転換は必須。AIに代替できないことにこそ価値がある


***
ハラリの言う「役立たず階級」は、とりわけ弱い。「1世紀前なら、搾取に対して革命で挑み、事態がさらに悪化しても、彼らが私たち全員に銃を向けることはできないとわかっていた。彼らには私たちが必要だったからだ」と、ハラリは軍隊と工場労働者を引き合いに出した。

しかし、こんにちでは、支配階級が新しい「役立たず階級」を殺さずにおく理由はわかりにくい。「あなたがたは完全に消耗品だ」と、彼は聴衆に言った。

だからシリコンバレーはユニバーサル・ベーシック・インカムの概念をもてはやすのだと、ハラリはのちに私に言った。就労中かどうかに関係なく、一定の生活水準を保証する給付制度には次のようなメッセージが込められていると、彼は言う。

「私たちはあなたを必要としていない。でも、私たちはいい人だから、あなたの面倒をみてあげよう」
ユヴァル・ノア・ハラリの『ホモ・デウス』は年始にじっくりと読みました。「自由意思は幻想であり、人権は私たちが自分に言い聞かせている架空の物語にすぎない」という主張は、資本主義にどっぷり浸かっている私たちの常識を根底から覆すもので、ガツンとやられました。

テクノロジー至上主義という宗教の聖地ともいえる現代のシリコンバレーにおいてこれほどハラリが歓待されるのはなぜか。イーロン・マスクも人工知能に警鐘を鳴らしていると読んだことがありますが、シリコンバレーの巨人たちも、どこかで自分たちの保有する強大なデータの力に対して、自らの倫理意識や美意識に不安を抱き始めたということでしょうね。

あらためて『ホモ・デウス』の最後で問われた以下の3つの問いに対して、どういう考え方が提示され、世界がシェイプされていくのか興味深いです

・生き物は本当にアルゴリズムなのか?
・知能と意識はどちらが大事か?
・アルゴリズムが支配する世界で社会や政治や日常生活はどうなるのか?
ハラリは1日2時間、毎年2カ月を瞑想に費やしているという。時間に追われることなく、自らの時間を瞑想にあてる。そこから発信されるメッセージが、テクノロジージャイアンツの経営層に深く感銘を与えているのでしょうね。

あまりのスピードの速さに、みんなうんざりしている。人間は動物のひとつに過ぎないのだから。いま世界が求めているのは、不確実性社会の道しるべ。それを見つけようとしているが、テクノロジーやデータからは見えてこない。

必要なのは哲学すること。だからいま哲学回帰がIT業界からはじまっている。
未来の予測の一つとして読むにはとても興味深いハラリさんのオピニオン。未来は従うものではなく作り出す者だと思うシリコンバレーやスタートアップにはむしろ刺激になるのは頷けます。以下記事の一文から。
ーー
アンチ・シリコンバレー
ハラリの洞察力に対するCEOの称賛は後を絶たない。「ユヴァルの考えの明晰(めいせき)さに引きつけられている」と、ツイッターやスクエアの創業者でCEOを務めるジャック・ドーシーはメールで語った。彼はさらに、瞑想(めいそう)に関する記述を高く評価した。
ネットフリックスのヘイスティングスは次のように述べている。
「ユヴァルはアンチ・シリコンバレーを体現している。携帯電話を持ち歩かず、長時間ネットにつながらずに、思索にふける。私たちは彼に、自分がなりたい姿を重ねる。AIとバイオテクノロジーについて彼が新著で論じている考え方は、ドラマに関する私たちの理解をさらに広げてくれる」
最近、海外の新聞や雑誌の記事の日本語訳を目にする機会が増えたように思います。

10年前は、”International Herald Tribune”が提携先の日本の英字新聞に転載されているのを駅の売店で買うくらいだったのですが、現在では、EconomistやFT、New York Timesなどの翻訳記事が日本でのメディアでも読むことができます。

海外の新聞記事は、一つ一つの記事のボリュームが長く(日本の新聞の特集記事くらい)、その分、洞察も深くて考えさせられることが多いです。

この記事はNew York Timesからの翻訳・転載。今後もこのような取り組みに強く期待しています!
"自由意思は幻想であり、人権は私たちが自分に言い聞かせている架空の物語にすぎないと、ハラリは聴衆に語りかけた。"
ひょっとしたらないかもしれない抽象的なものを中心にして人類は発展してきた、とサピエンス全史には書いてあります。宗教も国家という概念もそうです。人間にしかありません。その存在理由は効率的な統治や成長です。
1984を読んだ人にならわかるディストピアの怖さにもしかしたら向かっているような気がしてなりません。ハラリの顔も怖い。
「私たちはあなたを必要としていない。でも、私たちはいい人だから、あなたの面倒をみてあげよう」
 ベーシックインカム政策をシリコンバレー企業が推奨する裏側に、こんなメッセージがあるとハラリは言います。
 しかし現実はさらに厳しく、「私たちは面倒をみるつもりはないが、政府が面倒を見てくれるんじゃないか」と言っているように見えます。
 一見、一般市民の多くが支持するベーシックインカムですが、ユニバーサル型で進むと、重病になった方や、障害をもった方が切り捨てられる残酷な制度になってしまうと危惧しています。
あまり日本だとこの手の悲観論は聞かないですね。せいぜい、隣の大国は監視社会になっている、といった話題が出る程度。

単に無知なのか、楽観的なのか。あまり悲観的になってもいいことはなさそうですし、前向きに捉えたいところではありますが、こういう議論もあることは気に留めておきたいところです。
テクノロジーの進化は人の意識の発達レベルの向上とセットでないと危うい、というのがわたしの考え。

人の意識の発達は、自己中心→社会中心→世界中心と徐々にその範囲を広げていく。これが果たされないと地球もろともなくなる破壊的な行為が行われる可能性がある。

人は自分の能力をテクノロジーによって拡張しすぎたのかもしれません。
意思に基づく能動態、基づかない受動態。

最近学んだ中で中動態という概念を知りました。
能動、受動とハッキリと分かれるものでもなく、そもそも意思というのはそれが本当に意思なのか導かれた結果なのかは曖昧。自由意思という概念について考え直しました。サピエンス全史もそうですが、実は架空の物語の中で生きているのかもしれないですね。

以下引用
“自由意思は幻想であり、人権は私たちが自分に言い聞かせている架空の物語にすぎないと、ハラリは聴衆に語りかけた”