新着Pick
516Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白いですね!コンサルタント視点での感情コントロール。

コンサルタントは、ロジカルシンキングの達人ですからね。テンプレートなど型にはめすぎるときもありますが。笑

問題を見極める、問題の構造を把握する、仮説を検証する、そして解決策を導き出す。このプロセスを考えるだけで、すでに感情コントロールが始まっていますね。

真の問題、根源的な問題、それらを見極めるには、冷静になり心を鎮める必要がある。問題発見力を発揮できる心の状態です。

自分をコントロールする方法、自分に合ったものを見つけよう。
感情的に叱ったり相手をやり込めても、結局何も解決されていない。そればかりか、信頼関係が崩壊し余計に問題が複雑化。

マネジャーになりたての頃、こんなことばかりでした。

この記事にあるように、表面化している問題の根本原因を突き止めたり、因果関係を明らかにしたりすることも大切ですが、一番大切なことは「捉え方」かなと思っています。

問題は対処しようとすると得てして厄介なものですが、どうやって解決しよっかなーと「難問にチャレンジ」するような挑む感覚で捉えると解きがいがあったりしませんか。
感情のコントロールに応用するという発想はなかったので新鮮。空、雨、傘は社内でよく出てくる単語。
-----
空(空が曇っているという事実)、雨(雨が降るかもしれないという意味合い)、傘(傘を持っていったほうが良いという仮説)
自分のマインドセットやメンタルモデルが当該の問題を引き起こしていることも多々ある。そういう意味で、こうした書籍が出てくるのは素晴らしい。

スキル・テクニックも大事ですが、感情の安定化がパフォーマンスを大幅にあげてくれることも声を大にして訴えていきたい。
感情のコントロールは問題解決のベースになりますね。感情が乱れている状態では、いくら論理的に考えようとしても、あるいは自分では論理的に考えを組み立てているつもりでも、破綻しているということはよくあるでしょう。
感情をコントロールするという考え方自体がおこがましいと思いますけどね。泣きたい時に泣くわけじゃない。泣いてしまうものだし。
笑おうとして笑うものじゃない。笑ってしまうもの。
感情をコントロールできない自分はなんてダメなんだ、なんて追い込むきっかけにもなるし、いいことないよ。
『マッキンゼーで学んだ…』これはなんにでも使えそう。

マッキンゼーで学んだ一人暮らしの超節約術

マッキンゼーで学んだおいしいご飯の炊き方

マッキンゼーで学んだ童貞卒業戦略…
まずは腸内環境を整えることでしょう。
マッキンゼーってなんでも学べるんですね。
マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)は、シカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立された、アメリカ合衆国に本社を置く大手コンサルティング会社。ドイツポストの経営権を握っている。米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム。 ウィキペディア