新着Pick
302Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ナノインフルエンサーがエンゲージメント率が高いのは事実。友達に勧められると魅力的に感じるように、身近な人の情報は入りやすい。ただ、インフルエンサーマーケの基本はブランドのターゲット層がそのインフルエンサーのフォロワー層にマッチしているかが重要。あとはどれだけ効率的にキャストして効果測定するか。アジアだとインフルエンサー活用しない会社はほぼいない程、盛り上がってる。特に中国は一歩先をいってます
身近な人のポストが広告になるのは正直プラットフォーム全体にマイナスです。正直誰も嬉しくない結論を生む気がしますね。。大物のステマ以上にナノインフルエンサーのステマはタチ悪いですよ。
"「しかも、キム・カーダシアンに頼むことを思えば、はるかに安いコストで済む」"
マーケティングで楽をしちゃダメですよ。その姿勢はバレますから。アメリカのマーケティングから学ぶものも多いですが、反面教師も大きいです。とにかく極端ですね。
そろそろインスタのPR投稿はアフィリエイト課金が出てきそうです。
この傾向は日本でも起こってますよね。

この前、あるお店のニューオープンに合わせて、フォロワー2000人くらいの友達がこぞって「すごいよかったー、みんな行くべき!」と投稿していました。

投稿内容が似ていたので、これはきっとお店側の意図的な広告なのだなとわかりました。
僕はこのアンナチュラルな感じに違和感を感じたのですが、どうなのでしょう。

それなら、この記事にもあるように、堂々とスポンサードですよ、とはっきり公言した方が好印象だと思います。
【わかりやすさと意思決定の関係性】
読モという言葉が生まれて久しいですが、「身近で自分の生活にも取り入れられそう」みたいな親近感がマーケティングにおける存在価値だったけど、そのうち「起用することが目的」みたいになってって、”もはやタレントと変わらん遠い存在”になった人たちも出てきて。インスタグラマー使っとけば親近感、みたいな勘違いも同じ構図。だからナノだって流れなんだと思うけど、今後そうすると「マーケティングプランにGOを出す人」の合意を取るのが超難しい。「渡辺直美なら知ってるけど」みたいな知名度にのっとった意思決定しかできないとナノに予算投じるって判断ができる会社はまだまだ少ないような。「安いから大丈夫」って、そういう問題ではないよね。
>知名度が低いことは、親しみやすさにつながる。 

嬉しいんだか、disられているんだかw 確かに国内を見ても、トップクラスのインフルエンサーの層は数年代わり映えしない。

インフルエンサーは力を持ちすぎて広告主がコントロールできないので、コントロールしやすいナノインフルエンサーを奴隷化している構図に見えました。
趣味趣向が多様化してきていて、誰もが”いいね”と共通して思えるものが減ってきているんですよね。有名ブランドよりもオンリーワンの手作りアイテムを好む人も増えてきています。だから、ニッチな分野でのインフルエンサーというのに需要がある。

誰もがインフルエンサーになれる可能性が有るというのは、面白い世の中ですよね。Adobeが掲げている「クリエイティビティの民主化」の様に、これまで一部のプロにしか許されなかった地位を誰でも手に入れられる世の中は、とてもエキサイティングでワクワクします。
インフルエンサーの強みはタレントと比べて一般の人々に近いこと、親近感があることですが、その経済規模の拡大に伴い、タレント化して距離が遠のくという現象が起きています。中国では以前から大物インフルエンサーだけではなく、中小のインフルエンサー“群”を組織する方向にシフトしています。親近感をキーワードとする以上、インフルエンサーのナノ化は必然でしょうね。
企業によるマイクロインフルエンサーの活用は、そのインフルエンサーのフォロワーとの結びつきや嗜好といった「質」がポイントなのかな、と思いました。
セレブリティの振る舞いにリアリティが無いということなんでしょうね。ある意味でSNSの理想としていた世界なのかも。