新着Pick
124Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
本当に実用化できるのか、興味あります。同じ内容が今から3年前の2015年のEngadgetにあります。その後、Google ベンチャーズの支援も得ていた訳ですが、まだ実用化できていません。私自身は、この複眼カメラは、Engadgetの記事のもっと前から知っていましたが、私の中では、永遠の中期という感じなんですよね。複眼化のメリットに関しては、以前私も書いたので、そこを見て欲しいです。先日、ビジョンファンドからも出資を得たので、その状況が変わるのか、注目したいと思います。

https://japanese.engadget.com/2015/10/12/16-light-l16-52mp/
https://newspicks.com/news/3474068?ref=user_1650115
人気 Picker
ソフトバンクが出資して話題になりましたね。

これで単眼よりも距離制度が出せるようになれば、LIDARとの勝負になってくるかも知れません。

多眼レンズカメラは面白い技術ですが、私の思う課題はキャリブレーション。これだけ沢山のレンズを配置すると、ちょっとした温度変化などでかなりぐちゃぐちゃにズレそう。全部処理側で補正できちゃうのかな。

一見ランダムに見える配置にも、その辺りの秘密があるのかもしれません。
色んな話が出ていますが、複眼に一番期待しているのは、撮影した画像を用いた(測距などの)計測精度の向上です。
確かに車載などのセンサー用途は向いていますし用途として期待できます。建設現場の記録用カメラとしても使い道がありそうです。
この辺の用途を考えると、自身をカメラメーカーと考えない方向性は宜しいのではないかと思います。

美しさという意味での画質は、現時点でセンサーの高感度化やHDR処理などでかなり向上しており、複眼化の恩恵を直接受けることはなさそうに感じます。なので作品作り用の新たな機器としてウケるかどうかは疑問です。
何より今重たいレンズを振り回している人達(僕含む)は、綺麗な画像を撮りたいから大きなカメラを使っていることも確かにありますが、クラフトマンシップ(メーカーの狂気)を感じられる装置で写真を撮るのがたまらんという、手段が目的を追い越している人が一定数いらっしゃるので、そういう方に高精細さをアピールしても、作品作りのメイン機としては使わないのではないですかね。たぶん。
「複眼かつ画像合成ですごい写真を撮れる道具」があったらそれで作品を作りたいか、一度色んなプロカメラマンにインタビューしてみたら面白い記事になるんじゃないでしょうか。
このカメラは、ものすごく興味があります!!

ただ、スマホに16個もレンズを掲載することはできません。
その点をどのように工夫するのでしょうか?
うーん、どうもよくわからない。誰か知ってたら教えて欲しい。かつてLYTRO社が、同じく撮影後にフォーカスを変えられる超高価ライトフィールドカメラで華々しくデビューし、カメラ販売するモデルがうまくいかなかったあとVR動画作成用技術にピボットして、最終的に解散してしまったことはまだ記憶に新しい。技術は多少異なるとはいえ、その価値は撮影後にフォーカスを変えられること。うまくいかなかった理由は、結局”ちょっと便利で面白い”という以外に特に魅力はなく、その対価を払っても良いというユースケースが見つからなかった点に尽きる。とすればこのカメラが成功するかもしれないと思う理由はなんだろう。プラットフォームといっているが、それはこのカメラのハード設計やアルゴリズムを使って他社がカメラを作るという意味だが、そもそものユースケースが存在しなければどうにもならない。またスマートフォン、ドローン、自動車などの新たな”写真撮影プラットフォーム”が、16枚ものレンズとセンサーを持ったカメラを内蔵するとはとても思えないんだが。
レンズ16個のカメラなんて面白いし可能性がありそう。
それで売るだけでなく、それをどう使うかという視点が大事なんですね。