新着Pick
59Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
UBER EATSの利益構造

【A】レストラン から売価 35%

【B】宅配ドライバー から売上 35% (距離によってコストは変動)

【C】ユーザー 売価+配達料380円~ (時間帯や天候、需供、距離によって変動)

参考 レストランの売価 1000円の場合

【A】レストランの売価 1000円の場合 35%、 UBER EATS 350円

【C】ユーザー 配達料380円 UBER EATS 380円

【A】+【C】 UBER EATS730円

【B】 宅配ドライバー 675円 35% ドライバー 500円 UBER EATS 175円

【A】+【C】ー【B】 UBER EATS 730円ー(675円ー175円)= 230円

UBER EATSは、すべての人から利益をとっている。ドライバーにも支払うだけでなく35%のチャージバックをとっているところが秀逸だ。要はシステム手数料だ。

レストランが多すぎても困る、ドライバーが多すぎても、お客様が多すぎても、この成長をAIが判断し、人件費をアップしたりボーナスとして、需要の高まる時期には、給与を1.5倍(ブースト)とか、一日の回数をこなすと10配達で2000円ボーナス(クエスト)みたいなインセンティブがうまく設けられているのだ。それは天候やいろんなパラメータからのAIによる需給予測の上に成立している。いろんな上司の下で働くよりも、AIによって指示され、自分の意思だけで働くというのは人間にとってストレスがないのかもしれない。人間にとって最大のストレスは人間にあったのかと悟りの境地でもある。

まとユニークなのが、相互評価だ。レストランはドライバーを評価し、お客様もドライバーを評価する。その逆にドライバーもレストランを評価し、お客様も評価できる。『5つ星』のサービスをめざそうとすると、宅配ドライバーも心地の良いドライバーになってくる。自分も評価されているとすると、荷物の受け取りくらいは、真摯で明るい元気の良い態度となってくることだろう。自分が前向きで明るいと相手も心地よいものだ。それによって5つ星をもらうと、AIが仕事の質をあげてくれ、結果として、良い仕事を回してくれる。人間よりも良いのが上司の判断ではなく、AIが総合的に判断し、他者も相互評価できているところだろう。