新着Pick
333Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
石原裕次郎主演の「栄光への5000キロ」サファリ・ラリーを見なかったら、今の自分はいないと思う。1972年に初めて乗ったのがスカイライン。このクルマとの出会いがなかったら、他の人生を歩んでいたに違いない。団塊の世代からその下の世代の人々にとって、クルマは憧れであり、人生の最高の友だった。走ることで、出会いがあり、出会うことで、人が繋がっていった。

そんな魅力的なクルマを作ってきた日産がなぜ凋落したのか。ジャーナリストとして、ずっと気になっていた。元日産の幹部に会うだびに、日産が凋落するターニングポイントがどこにあったのか聞いてきた。だが、誰一人として、納得できる答えは持っていなかった。なぜ、日産が低迷したのが、みんな分からなかったのだ。

NewsPicksの池田記者から原稿を書いてほしいと依頼があったが、どこから、何を書くのか迷っていた。色々考えた末、自動車技術の黎明期に活躍した日産(プリンス自動車も含む)の栄光を振り返り、その後、時代の変化にもがく日産の姿を書きたかった。日産にはチャンスもあったが、それを生かせないまま、ルノーの傘下に下ったのだった。日産の問題は、多くの日本企業にも当てはまるのではないだろうか、、。
外部識者として日産の技術課題や開発にも携わってきた、ジャーナリストの清水和夫さんによる「熱弁1万字エッセイ」をお届けします。

政府は日産という企業を「虎の子」と捉えていますが、しかし果たして日産という自動車企業は、本当に国として守るべき「宝」なのでしょうか。

「技術の日産」と言われていた時代を知らない私にとっても、非常に勉強になりました。日産を通じて、日本の自動車立国の歴史をおさらいできるはずです。
読ませるリボートです。企業の歴史を振り返るだけでなく、その時々の経済や文化を包含した時代精神をも描いています。日産という企業が、日本社会にとってどんな存在だったか改めて感じ入りました。サーキットでスカイラインがポルシェを抜いた瞬間の半世紀も前の興奮が今も共有できます。私が大学生の時、初めて買ったのは中古のブルーバード510でした。名車でした。当時の日産ユーザーは、例えばマックやアイフォーンのユーザーのような矜持がありました。ケンとメリーのスカイラインに乗るのがずっと夢でした。そんなことを思い出させてくれました。
1万字というのは、まず新聞記事でhない。新聞記事は長くても1500時程度。
1万字の記事は、雑誌でもめったにない。
非常に深みがあり、一つの物語を完全な形で提供する。
1万時のきじとなると、かんらず読むようにしている。
今回もいい記事だ。
【人事戦略デザイナーの視点】
私は、1989年に入社し、横浜にある鋳鉄工場で実習をしました。

たしか7月のある日のこと、決算発表と同時にファクトファイルのような縦長の書類が、工場の現場でも配られたました。

今でも覚えているのは、会社のBSにあった有利子負債の欄の数値です。

1989年当時でも、1兆4000億円ほどありました。

『この数値って、ヤバイんじゃないの?』

というのが私の印象でした。

その10年後不安は現実となり、ルノーから資本投入されなければ生き残れない状況になりました。

ゴーン前後両方の時代を、社内で経験した私にとっては、停滞、低迷、底打ち、回復、発展のすべてのフェーズに思い出があります。

どの会社でも、現状は歴史の流れにある訳ですが、一番変化を感じるのが難しいのは、内部にいる人間です。

そういう意味で外部視点でのまとめは、内部にいる人間
にとって貴重な視点を与えてくれる資料だと思います。
興味深く拝読させていただきました。横浜出身の自分にとって、やはり地元代表企業の1つは日産。小学生の時に追浜工場にも社会科見学で行きました。

経営不在、ユーザー軽視と言わざるを得ない状況を一手に引き受け、立て直してきたゴーン会長を突然失った日産はどこに向かうのか…

記事の中で出てきたパリの都市計画、電動化、マルチモーダルへのシフトといった話は、大きなヒントになるのかもしれません。やたらと対立を煽るような見方もありすが、フランス政府、ルノーとの健全な関係の構築、継続、発展もひとつの道だと思えてきます。
「技術」の日産の系譜、人気車種の変遷、その変質の歴史が時系列でまとまった良記事。ゴーン氏に関わる断片的な情報が飛び交う中で、あらためて日産という会社を理解するために参考になります!
下記の、ゴーン氏が日産に就任した後の変革は凄みを感じる。
本当に企業再生のプロだったことがわかるエピソード。

再生フェーズと拡大フェーズでは、求められるリーダーシップが異なるのかもしれないと考えさせられます。

> すなわち、「人員削減・工場の閉鎖・調達コストの削減」。数値目標を掲げ、市場にコミットする事で投資資金を集め、自らが広告塔となり、ユーザーに「見える経営」を進めた。
具体的に大きく変わった事は、本社部門の広報(企業&プロダクト)とプロダクトのデザイン、ラインナップやディーラーの再編など、ユーザーから直接見える部分に集中していた。
開発体制では、コンピュータによるシミュレーション部門に人と物とお金を集中させ、開発の期間を縮小した。
ゴーン氏が日本にくると、銀座本社ビルの社長室はいつも空いていたという。
東洋の文化や日本人の考え方を知るために、工場やディーラーの現場に足を運んだのだ。開発途中の「スカイライン」の試作車も、自ら乗って試したそうだ。
良い車、沢山作っているだけに残念で仕方ありません。何とか出来ないものか。
行間からクルマへの、日産車への愛がにじみ出ているなぁと感じました。
そういえば大学生になって、初めて手にした車は日産マーチでした。スポーツカーといえば、スカイライン(R34 GTRがすき!)、シルビア、フェアレディZだったなぁ。
クルマへの愛は、ノスタルジーになってしまったのでしょうか。
この連載について
20年近くにわたり、ルノー日産のトップに君臨してきたカルロス・ゴーン氏が逮捕され、失脚した。果たしてこれはクーデターか。内部で何が起きていたのか。突然の権力崩壊の実情を独自取材レポートする。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.68 兆円

業績