新着Pick

Amazonがパーソナル医療データを使って医者より早く病気を予測!

マッシュメディア
Wall Street Journalによると、2008年にはわずか10%だった米国の病院の電子記録の保有率が、現在80%以上となっているとのこと。 ただ、電子記録の大部分は、カルテ、処方箋、会話記録などの、構造化
214Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
従来の業界がいろんな理由を付けてゆっくりやっている間に、アマゾンとグーグルは本当に真剣にあっという間に実現してくると思います。スタートアップはメガに買われるまでを受け持ち、社会全体で高速に代謝が回っています。次のタクシー業界のように規制と既得権で抵抗する筆頭業界が医療健康系でしょうが、今行われている技術が世に出れば本当に破壊的に社会構造が変わると思います。将来世界の医師の多くがアマゾンに勤めている、ということもあると思います。
ビッグデータを用いて病気を予防したり、早期発見を試みるのは当然の流れでしょう。

「診察」ではないので医療法の敷居は低いですし。

これまでは「病院にかかる」ことは非日常でしたが、今後は医療が日常生活の中に入り込んできます。

病院に行かなければ病気と言われない、という時代は終わろうとしています。
電子カルテが飛躍的に向上するなら良いですね!!

とはいえ、カルテを書いてる時点で、患者さんから聞いた話(問診)や診察した所見(身体診察)から、予測される病気に紐付く形でメディカルタームに変えながら記録していってるわけで、、、それと薬の内容をAIでみて病気を予測するのであれば、医者より早いのはあくまでカルテデータの収集と処理というだけですけどね。

それでも信頼できる、かつ、必要十分な情報が得られるなら良いですね。
(初めて診させていただく患者さんの場合、5-10年くらいの全ての医師記録と看護記録、そして投薬記録などに目を通すとそれだけで1人に1時間くらい準備かかることもあるので、、、)
>"暗号化により機密性を保持"

どこまで信用できるかどうかでしょうか。自分の病気の情報を漏洩されて許す人はまずいないでしょうし。おそらく、クレカ情報以上の機密性が求められるでしょう。
これこそ、やってほしい使い方
あと、心の面で言うと、買い物から自己分析もできるようになってほしいなー
そろそろ、この医療従事者だと診療。それ以外は予測という言葉も、再定義しませんか?
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
時価総額
141 兆円

業績