新着Pick
73Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
全人代の前に手打ちにして見せろ・・・というのはメンツを重んじる中国にとってどうなのでしょうか。また、その頃には3月ないし6月の利上げ可否を相場が織り込んでいることでしょう。金融市場や基礎的経済指標に荒れが見られるのであれば、無理にノイズを増やすことはトランプ大統領もしないでしょう。

少なくとも今回の決断もクリスマス商戦に水を差さないためという評価は頷けます。米朝首脳会談も一旦、「停戦」発言がトランプ政権側からあったことを思い返したいです。
当然の結果。南シナ海での示威行動である「航行の自由」をアメリカにやめてもらえるか。
貿易の対立をとりあえず一時止めて、またこれから両国関係を考える、一休みの今であろう。
安全保障の方は2週間ほど前のAPECでペンス副大統領が担当。なんとなくですが、やはり「譲れない安保」と「相手次第で譲る貿易」との切り離しの形になるのかもしれません
外交巧者の中国と何をしでかすかわからない米国の対立は、寸止めに。米中が話題をかっさらう中で、舞台となったG20の首脳宣言からは「不公正な貿易慣行を含む保護主義と引き続き闘う」との文言が消えました。「反保護主義」の旗は急速に色褪せ、米中を軸に翻弄される世界を象徴する場でもあったと思います。
南シナ海問題も同時に仕掛けたら大事なもう一つの話が纏まらないでしょう、今回は貿易問題の緩和が主

霞んだわけではない
そもそも南シナ海には解決策がないのだから