新着Pick
160Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
世界でカルフォニアを見習おう
人気 Picker
パリに住むフランス人の友達から、オフィスの前の車が焼かれて銀行が破壊されている写真が送られてきましたが、まいっていました。

ラ・マルセイエーズを国歌とするお国柄なのか、お隣のドイツは移民、格差の問題を抱えながらも穏やかですが、フランスはかなりドンパチやっていますね。

ラ・マルセイエーズの歌詞
aux armes citoyen!
formez vos bataillons!
を地で行く暴れっぷりですが、そういうことではないと思うんですよ。

ロマンチックなパリにロマンチックなクリスマスが来ますように♪
先月のフランスの世論調査によると、マクロン大統領の支持率は25%と低迷しています。

http://www.afpbb.com/articles/-/3198139

来年5月には欧州議会選を控えていますが、こちらも予断を許さないようです。「投票先を尋ねた9月の世論調査では、与党『共和国前進』(21・5%)がトップだったものの、マリーヌ・ルペン氏率いる右翼政党『国民連合』(旧国民戦線)が21%で背後に迫る」と以下の記事にあります。

https://digital.asahi.com/sp/articles/ASLB335ZQLB3UHBI010.html

足元は常にぬかるみの中にあり、のようです。英独仏と、首脳が追い詰められていくさまは、暗雲立ち込める欧州の前途の険しさをうかがわせます。
燃料価格の値上げで暴動が起きて死者が出るのは、昨年のメキシコでもありましたし、過去にアフリカや中東、東南アジアなんかでも何件かあったと思います。

メディアが持ち上げて生み出したマクロンですが、グローバリストが支持を得続けるのは難しい時代ですね。

マクロンに負けて恨み節のアスリノ氏の講演
https://youtu.be/o-I9Ez9BvNM
フランスでは、暴動そのものは珍しいことではない。政府の政策が気に入らなければ、国民は黙っていない。それはフランス革命からの伝統で、民衆暴動を否定すればフランス革命を否定することになる。ただし、現代の暴動は(警官隊以外の)人間を標的にすることはない。なので、普通の人が襲われる心配はない。ただ、フランス国営テレビのニュースでは、黄色いベスト(gilet jaune)を着ていない一群の者たちが商店のドアやウィンドウを壊して侵入し、略奪を働いている映像が映されていた。ここ数年、こうした便乗や脱線が多いのが問題視されている。
先が尖った柵を向こう側に倒したら向こう側の人は危ない…という判断すら吹っ飛んでしまうのでしょう。
(以下のビデオの42秒当たり)
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-46417908
ましてや、之はしっかりビデオに撮られているから、倒した人は当局から徹底的に追及されるという事も。
ポピュリズムの嵐が巻き起こる中、合理をベースにした政策が大衆の支持を得つづけることが出来るのか… マクロン、メルケルが倒れるとEUが倒れるリスクすら出てくる…

フランスで1日、政府の自動車燃料税の増税方針などに反対して行われた大規模デモで、治安部隊を含む260人以上が負傷、680人以上が拘束されたと明らかにした。
皆さん、コメントされていますが、フランス人は暴動指向性が高いですよね。
移民問題、失業率、物価などに対して、デモや集会は欧州各国で起こりますが、フランスは激しいです。
NPのコメントにもありますし、イギリスの友人からメッセージ貰いましたが、クリスマスシーズンが楽しめないということで憂さ晴らしの為に参加している人がかなりいるそうです。

日本はハロウィン騒ぎでしたが、こういう騒ぎ方もお国柄があるんですね。
マクロン大統領の政策は経済的には正しいがフランス国民は民度が低すぎて理解できないようだ

仏マクロン政権窮地 パリ・南仏でデモ 130人超死傷
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38452620T01C18A2000000/

当初は燃料価格の高騰や19年1月に予定されている燃料税引き上げに反対するデモだった。ただ今はそれだけでなく社会保障増税やたばこ値上げなどマクロン改革全体に不満を持つ人が集まっている

マクロン氏は就任して1年半あまり財政再建と企業活動の活性化を2本柱として改革を進めてきた

先進国の中でも特に多い公務員を12万人減らし財政赤字の削減をめざしている。法人税を33.3%から段階的に25%にし解雇時に企業が支払う罰金に上限を設けて雇用・解雇を促した

しかし労働者層は富裕層が優先的に恩恵を受けると受け止めている
数年前に、パリとロンドンが訪問外客数を競って自慢し合っていたのが夢のようです。東京とソウルもそうならないとも限りませんから、気をつけないといけません
月末帰国しますけどそれまでに解決されますかなー。