新着Pick
860Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「知の探索」を深め、「個人内多様性(イントラパーソナル・ダイバーシティ)」を持ち「弱いつながり」を広げていく。入山章栄先生に、大人が学ぶ意義を経営学的見地から、語っていただきました。

「自分の信じるビジョンを掲げて」「人と対話し」「他者を説得し、腹落ちさせる」「他者を巻き込みつつ行動する」イノベーターに求められる能力は上記のようなステップが欠かせないどいう解説に納得です。

仕事と学びを数珠つなぎのように繰り返し、自己をアップデートし続ける。まさにそんなリカレント(循環)が求められる時代です。そのためには個人も変身し続けるという意識を高めなくてはいけないし、組織は社員の学びをもっと評価しなくてはいけない、と思いました。

特集を最後までお読みいただき、ありがとうございました!
MBAもそうだしどのような学びにせよプロフィールや履歴書に明記できる(入山先生いうところのシグナリング効果のある)ことは、自分ブランドを考える際の「信じられる理由(reason to believe)」になる。
もちろん具体的に手に入れられる知識や人脈もあることが前提だがそのクオリティも含めて一言で表現できるバッジが手に入るのが学位というものだ。

今までのその会社のプロを育てる社会だった時は、社歴が「信じられる理由」として機能していたが、今後、それは立ちいかなくなる。というのは、会社業務は次第に複雑化し専門化してきており、1人が全てを知ることは不可能になっているからだ。ファイナンス、マーケティング、HR、リーガル、システム…こういったプロフェッショナルを活用できる会社が生き残る。

プロフェッショナルを活用できるマネジメントにはプロフェッショナル人材としての自身の専門性に加え、全体を鳥瞰する目が求められる。ジャック・ウェルチが経営は人をいかに活用するかと言い切った理由もここにあると思う。自分で全ての知識は手にいれられないなかで、少ない情報からスピード感を持って判断をしていくのがマネジメントの大事な仕事だから。

どの側面から見ても、外部で何かを学び、自分のプロフェッショナルとしての知識の深さや実力を知って成長を続けることはプラスにこそなれマイナスには決してならない。それにやっぱり学友って良いものですよ。是非なんらかの知識を深めるためにもピュアに学ぶという経験をしてみてはいかがでしょうか?

それがMBAである必要は全くないけれど、グロービスの教員として受講生のみなさんをみていると、一学年の人数が7-8百人と多い(それでも受験は実はそんなに簡単ではなく、あの人でも落ちるか…と思うことも多い。この人数はコロンビアよりちょと多いくらい) MBAライフは、その後の同窓のコミュニティも含め、ことに日本、そしてアジアに狭く深いつながりも、浅く広い繋がりもできる。必要な仲間と出会えて、かつすぐに実益に繋がることも多く(それが弊学の売りでもあるけど)みんな楽しそうですよ!
国内の社会人ビジネススクールに通うものにとっては、非常にうなずける記事です。社会人は学ぶとおもしろい。

今の同級生も30代40代前半ぐらいのビジネスパーソンが中心です。もっと野心的な起業や転職を考えている人が多いかと思ったら、悩めるサラリーマンが多かった。現実2割ぐらいが卒業後は転職するとか。自分の会社の中しか見ていない日本のサラリーマンにとっては刺激的な場だからです。一回も転職経験がない人ほどおすすめですね。

しかし日本社会でのMBAの立ち位置は微妙。自分が学びだしてからは、これからのビジネスパーソンにとっては入山先生が言われるように「第二、第三の学び」は必須と思うのですが未だに「MBAバカ」という言葉を言われるという話も多い。

中小企業の経営者などで学びなおしには賛意をしめしてくれても、MBAと言った途端目が冷たくなる人もいる。多分MBA1.0 2.0の頃に海外MBA帰りのコンサルなどに痛い目にあってMBAアレルギーの人もいるのでは・・・?と拝察します。
入山先生いつもながら、分かり易い説明
ありがとうございました。

私がアメリカと行ったり来たりしていた
2000年初頭の頃のアメリカは、MBAが
少し飽きられる傾向を感じていました。

指摘の通り、シグナルなので、取る人が
増えると、魅力が薄れたのではと思って
おります。

しかし、私もたまにゲストとして呼んで
いただく、入山先生のコースの学生の
熱さには、感動しました。

だから、ゲスト講義の後も生徒の方々と
SNSでゆるく繋がっています。
これは、入山先生の言う、弱い繋がり
だと思っております。
日米MBA志望動機比較がよかった。
米国MBAは20代『ハイスペック搭載して職種かえて転職したい』
日本MBAは30代以上『学びにより自分の人生変えたい』ともっと情緒的な初期衝動。わかるなあ!
とても説得力があります。Doingしながら、Learnigすることで、それが深いNetworkingにつながることに、今後の大人の学びの価値が出てきそうです。
「繋がり」について、「MBAホルダーは人脈を強調するけど、仕事で本当に役立つ人脈は仕事でしか得られない。酒飲み友達を増やすだけだ」。こんな懐疑論があるのも事実。そういうことを目的にビジネススクールに来る学生がいるんでしょう。

でも、国内MBAであっても、クラスメイトの経歴、見識、視座、関心は多様で、こうした仲間と尊重し合い刺激を与え合いながら、新しい視点を獲得するという意味でとてつもなく贅沢な機会だと思います。

勿体ないと思うのであれば、違うやり方で見識を高めればいい話で、やり方は人それぞれ。ビジネススクールで勉強しようとする人を違反するのは筋違いだと思います。
「MBA3.0時代」に求められる学びとして、「知の探索(Exploration)」「個人内多様性(イントラパーソナル・ダイバーシティ)」「弱いつながりの強さ(Strength of Weak Ties)」といったポイントが整理・説明されていますが、いずれも如何に多様な視点・価値観もしくはそれらへのアクセスを確保することが重要だと理解しました。
確かに、学びの対象となるコンテンツそのものについては誰でもどこでもほぼ無コストで取得できるようになっていることに加え、また、MBA等のタイトルそのものに付加価値がなくなりつつある現状、ビジネススクールを含む学びや出会いの場に求められる付加価値はそのようになると同意します。
私自身はLondon Business SchoolのMaster in Financeというプログラムを修了しましたが、金融学そのものは入学前から既にある程度知識があったため、学びそのものには目新しさはありませんでしたし、修了後もそのタイトルがキャリアに何か役に立ったということは感じていません。
ただ、そこで予想外に接することができたクラスメート等の多様な価値観・視点はいまもまで私の中で重要なインプットとして残っていますし、あのような多様性に接することができるのであれば、同様の学びや出会いの場・仕掛けを今後も積極的に利用したいと考えています。
自分の中でなかなか言語化できなかったことが「個人内多様性(イントラパーソナル・ダイバーシティ)」という言葉で腹落ちしてスッキリしました。

"多様性の本質は、個人が持つ知とは別の知が組み合わさることです。すなわち、それは「人の人が多様な知見を持ったり、多様な経験をすれば、その1人の中でも、多様な考え方ができる」とも言えます。これが、「個人内多様性」です。"
入山先生らしい簡潔で強いメッセージ「知の探索」「ダイバーシティ」「個人内多様性」、MBAの重要性を的確に捉えていて爽快です。
米国と違い、日本の大学の社会科学系研究では、実ビジネス界との連携が非常に弱く、双方の成果が共有されていない、勿体ない状態にある。その中で、MBA は、アカデミシャンと実ビジネス界を繋ぐ重要な仕組みでもある。MBA生はこの魅力的な世界に浸れることがメリットの一つであり、MBA校は実務界発展への貢献が期待されている。
この連載について
「MBA(経営学修士)」は、ビジネスパーソンが経営者に近づくための学びの王道とされるが、近年、大きく変化している。ハーバードやスタンフォードなどトップMBAを目指す人は世界で4年連続減少。その一方で、テック系MBA、短期MBA、役職者向けのEMBAなど、多様化している。時代のニーズに合わせ「MBA3.0」が登場する今、改めてMBAの価値とは。最前線を追う。