【実践】スキマ時間に学べる、ネット講座「MOOC」完全活用法

2018/12/7
今、アメリカで、新しい「大人の学び」が広がっている──。
MBAのように1年や2年の長い時間をかけるのではなく、特定の専門分野を、インターネットで集中的に学ぶオンライン講座「MOOC(ムーク=Massive Open Online Course)」だ。働きながらスキマ時間を使い、新たな知識やスキルが、はたまた学位を得られるため、その広がりは爆発的だ。
このアメリカの最前線の動きを解説してくれるのは、ハーバード・ビジネススクール(HBS)でMBAを取得後、グーグル本社で働き、シリコンバレーで起業した石角友愛・パロアルトインサイトCEOだ。
石角氏自身、HBSで学んだ知識のアップデートのため、さまざまなMOOCを受講、今もなお学び続けている。そんな石角氏に、アメリカで今流行っているMOOCと、お勧めの講座を教えてもらった。
石角友愛(いしずみ・ともえ)パロアルトインサイトCEO。16歳で、東京・お茶の水女子大学附属高校を中退し単身渡米。アメリカの大学を卒業後、ハーバード・ビジネススクール(HBS)、グーグル本社勤務を経て、2017年、シリコンバレーで、AIベンチャーのパロアルトインサイトを起業。著書に、『いまこそ知りたいAIビジネス』『才能の見つけ方 天才の育て方』など (撮影:小田駿一)
3ヶ月で取る「ナノディグリー」
大学院に行って修士号を取るのではなく、いわゆる「ナノディグリー(Nanodegree=微小学位)」を取るという選択肢が広がっています。