新着Pick

子育て世代の入居希望が絶えない賃貸の正体

東洋経済オンライン
空き家・空室の増加や、事業者や金融機関による不正問題の発生から、賃貸住宅供給をめぐる世間の見方は厳しさを増している。「新たな物件は必要ないのではないか」などと考えている方もいるだろう。では、本当に新…
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子育て世代、元気な高齢者向け、ペット共生向けなど、同じ境遇の人々が集まり支え合う「コミュニティ賃貸」は素敵ですね。同じ趣味、好きなアーティストが同じなど様々なテーマで作られたら豊かになる気がしますね。

しかし中には人間関係がうまくいかないこともあるはず。それを考慮すると、購入ではなく賃貸である点がメリットとなりそうです。
家を購入するハードルは一昔前よりかなり高くなっていると思います。都会では価格が高いですし、地方では購入した後転居が必要になった時に売る事ができるのかが不透明。昨今は思わぬ自然災害で被害にあうケースも珍しくなくなりました。(うちもこの夏の台風でカーポートが吹っ飛ぶなど少々被害はありました)
賃貸であれば一生家賃はかかるとは言え、購入しない事で背負う必要がないリスクというのもあると思います。

地方ならシニア世代に人気のある物件というのも今後は出てくるのかも知れませんね。
ITは使わない.コンセプトとデザインとマーケティングで賃貸を魅力的に

> 入居者(希望者)は子育てを入居者全体で行うことなどを定めた「子育てクレド」と呼ばれる憲章に賛同することが求められる点もほかにはない特徴