新着Pick
41Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オバマ時代は米中蜜月で日本はグローバルで孤立しかけていた。そこからの安倍外交は見事。世界の中での日本のポジションが素晴らしく良くなった

習氏「先般の安倍首相の訪中で、日中関係には新たなモメンタム(勢い)が生まれた。首相とともに関係発展のために政治的指導力を発揮したい」と応じた。
公式的であっても「貿易問題は主に中国側に問題」という日本側の視点を伝達
>「問題の根本的な解決のためには、知的財産権の保護や企業への補助金問題などで中国が具体的な措置を講じることが重要だ」と指摘した。

サラッと言っているように見えるけど、特に後者の企業への補助金などは国営企業が大半を占める中国において、共産党一党独裁にも影響が及ぶ話だけに中国がやすやすと飲めないことを承知しての発言でしょう。
このあたり、既に牽制と駆け引きが垣間見れます。
この記事は中国では開けないが、
自由貿易については中日は考えが一致しているが、
アメリカファーストについては安倍首相はどのように批判しているのだろうか。