新着Pick
576Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
M-Pesaはケニアの人たちにとって欠かせない送金決済ツールになっています。取扱高はGDPの5割を超す額に。

このレポートでは、すでに10年を経過してサービスの刷新が必要ということです。後続が追いかけてきている。

先行するものが必ずしも強いとは限らないのが、テクノロジーサービスです。古いシステムを更改するのは大変。サファリコムにとって、チャレンジングな変節点となっています。
この記事は、M-pesaがすごい、ということでなくて、M-pesaがすごくない、ということが書かれています。競争に勝つ勝たない以前に、M-pesaのサービス設計そのものに課題があることが、デジタル決済の時代を迎えあきらかになってきたからです。誤読ありませんように。

キャッスレス決済の代表のように扱われているM-pesaは、実は使われているのは、狭義の「決済」である小売等での買物や支払いではなく、送金、入金、出金です。デジタル決済の分野ではとても弱い。競合が登場しなくてもそれは大きな課題・欠点で、よって、APIを公開してタッチポイントを増やしたり、「M-Pesa 1-Tap」というリストバンドやカードで接触することで決済ができるような方法を作り出しているが、さまざまなデジタル決済、フィンテックサービスがアフリカでも生まれ、ケニアでも多くの人がデビットカードを持つようになったいま、状況は厳しい、というのがこの記事で書かれていることです。ゲームががらっと変わってしまうこともありえる。エチオピアのような人口の多い国に行って、変わらず決済以外のサービスの売上を増やすのは、むしろこの課題解決を遅らせることにもなりかねない。イノベーションのジレンマの話とも言えると思います。
「また、配車サービスの「Little」、eコマースプラットフォームの「Masoko」、音楽ストリーミングサービスの「Songa」、家庭用インターネットプランなども開始し、それらすべてのサービスをM-Pesaのモバイルウォレットと統合している。」

こういう視点で今の日本を海外から見ると、どう見えるのか気になった。i-modeだったり、Suicaだったり、時期によっては海外の人たちが知ると驚くようなサービスも多くあったわけで、今見たときに外から見てユニークなものもあったりするのだろうか。

深センの研究員と話した時は、基礎研究のレベルの高さを話していたが、それもなかなか市場に出てこないんだよねという話に落ち着いた。なんとなく、我々がドイツやフランスに対して抱くイメージと似ているように感じられる。
アフリカの経済発展は、工業の雁行型ではなく、リープフロッグが有望です♪

スタートアップを後押しするエクイティも、南アはもちろん、ケニア、ナイジェリア、エジプトに入り出しました。

日本からも一部のベンチャー関係者が、投資とネットワーク構築を進めています。

アフリカは延びシロが大きい、つまり変化分が大きいのでベンチャーとエクイティにぴったりです。

M-PESA?当然注目してますよ。


追記で面白いアフリカのスタートアップ関連データをお示しすると、

東大 伊藤准教授「新興国におけるスタートアップとデジタル化をどう見るか?」という論考のジェトロホームページ中の下記URLの

■19ページ図3:一人当たりGDP世界一位のルクセンブルクとスイスに、ケニアの携帯・ネットでの銀行口座アクセスが同水準で、中国はそれより劣り、日本はずっと下というグラフ。

■22ページ図4 アフリカにおけるベンチャー投資額2017年は、南ア168、ケニア147、ナイジェリア115、エジプト37(百万USD)
論文は下記
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/dc6281dfc43c889b/20180018.pdf

それと、2018年上半期のスタートアップへのファンディング件数は、ナイジェリア31件、ケニヤ23件、エジプト21件、南ア19件

イノベーションハブ・インキュベータの拠点数は、南ア59、ナイジェリア55、エジプト34、ケニヤ30、モロッコ25なのです。

結構にぎやかです♪伸び盛りのアフリカですので✨
M-pesaは、ケニアのライフスタイルを激変させたと言われています。もう10年前に始まったサービスで、少額に限っていたことから、逆に安心して使い始める人が多かったとのこと。
また、当時のスマホのスペックから、使い方が極めてシンプルだったことも良かったのだと思います。
M-pesaは、簡単な日雇い労働者が報酬を貰い損なうトラブルを減らし、電気がない集落では自家発電機を買い充電をするサービスが生まれたりと、裾野の広がりは相当なものです。

今、競合サービスが生まれているようですが、M-pesaを使い慣れたという基盤があるが故に、それもスムーズに広がっていくように思います。
NewsPicksのグループメディアになったQuartzからの翻訳キュレーションもスタートしました!
アフリカ版、インドもあるQuartz から、新しくて鋭い視点の記事を随所、日本語でもお届けします。
まだまだチャンスあるってことね
Quartz!
このパワーを我々は無視できない。