新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いまのハイビジョンは2K相当ですから、4Kになれば縦横2倍ずつで4倍、8Kになれば縦横4倍で16倍です。そのための符号化技術も伝送技術も大変。データが16倍になったからと言って割り当てられる帯域がいきなり16倍になったりしないので。

8Kはものすごい臨場感なので是非お試しください。仮に横幅2mのディスプレイがあったとして走査線8000本だと1ピクセルあたり250マイクロメートル。髪の毛2,3本が見分けられる表現力です。
画素数が上がれば上がるほど映像制作の現場ではセットの粗さが目立つことになり、美術にかかるコストをじわりと上げています。学生のころ番組収録を手伝うバイトをしていたのですが、制作部の方が嘆いていました。笑
もちろんドローンや手ブレ補正などの技術的な追い風はあるものの、基本的に視聴率は下降トレンドの中、アナログ要素の多い撮影現場は大変そうです。
カウントダウンセレモニー、出席してまいりました。
世界に先駆けての17ch。NHK、民放、メーカ、総務省はじめ関係者のみなさま、おめでとうございます。
4Kテレビは普及が10%に達したそうですが、4K8K放送の受信が普及するのはこれから。引き続きおつかれさまです。

NHKが4Kで「奥さまは魔女」をやるそうです。ほほう。
35mmで撮った映画やTV番組は4Kにリマスターできるので、過去の名作がたくさん蘇ります。邦画の黄金時代の作品を希望。
逆に、ビデオ化後のTV番組は原盤も劣化してムリなんだそうです。古いほうが新しくなる。皮肉です。

TBS「吉田類の酒場放浪記」4Kも歓迎。
地デジ化前に買われた薄型テレビの買い換え時期が到来しつつあることに加え、消費増税、東京五輪が控えてますから、テレビ結構売れそうですね。
消費者が置いていかれた感が強い。まず「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」の違い(カルトクイズのようだ)。これまで市販され普及したのは後者で、BS4Kの視聴にはチューナーの購入とアンテナ工事が必要。またこれから販売される4Kテレビの新CASには様々な問題がある。

総務省はこれらを認識しているが、2014年に「オリンピックのために前倒し」したロードマップの達成を優先した形になっている。これからの対応が注目される。
今朝の朝刊でやたらと広告が出ていました。

テレ東が随分力を入れているように感じられます。

はてさてどのようなものか?
視聴が楽しみです(^ ^)
よく4K,8Kなんていらないという人がいましたけど、減ってきましたかね?みたらわかると思います。一度進んだら戻れないですよ。スポーツ、旅、音楽、色んなところから変わっていきます。
市場はそこまでの画質を求めてるわけじゃないと思う。
高画質競争やめて、どんなサービスが求められてるか考えたほうがいいはず。
8Kは人間が処理できる解像度と同様のレベルなので、本当に目に見えてるものそのものを見てる感覚になります。

ただ、家庭のテレビや身近なスクリーンではそこまで映し出す機能が備わってないのが現実なので手元に当たり前に届くのはこれからですが、、!
いらないなぁ。
しかも遅いですよね。今更感が。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア