新着Pick
10Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国は、狭い海域の中で多くのオイル・リグを設置していますが、経済的に利益を上げられているかどうかは不明です。
しかし、中国にとっては、経済的な利益が上がるかどうかよりも、この海域で経済活動を行っているという事実こそ重要なのです。中国は、次の段階で、経済活動を行っている海域を海警局(中国コーストガード)による警備・管理活動を行うでしょう。
同海域では、中国が経済活動を行い、その経済活動を政府が効果的に管理しているという既成事実を作っていくのです。その次には、それら活動を軍事的に保護するということになるかもしれません。
中国は、日中関係の改善を求めていますから、すぐに緊張を高める行動をとることはないでしょう。しかし、既成事実の積み上げは、以前から指示されていると思われますから、この方針を変えること自体、中国の国内政治的にも難しいと思われます。
中国は、自らが権利を主張するものをあきらめることはありません。日本は、そのことを理解した上で、中国との関係を考慮しなければなりません。