新着Pick

マーク・ザッカーバーグがWhatsAppを手に入れるまでの流れ

ギズモード・ジャパン
ものすごく価値があるとされるアプリを、とんでもない値段で手に入れるためにはどうすればいいの? ネタ元のフォーブス誌が、マーク・ザッカーバーグ氏とWhatsAppのJan Koum(ジャン・コウム)氏...
82Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
買収やM&Aと言う、上下を感じさせる言葉は私が好きでないから禁止してます。代わりに仲間づくりと言ってます。互いに相性の良い仲間づくりは、こんな感じで進むもの。
人気 Picker
きっかけは「ちょっと会わない?」いかにスピード決着だったかが良く分かるな。面白い。
ノリがいいな〜。これであれか!うーん。楽しいだろうな〜。僕もこんなノリでM&Aやってみたいな〜
買収は、余りに前のめりになると相手は腰が引けてしまう。その辺、流石、ザッカーバーグ氏は、心得ているよ。グーグルが動いていると気付いた後のオファーがうまい。
原文もPickしました。そっちの方がはるかに面白いので是非ご参照を!相当綿密に取材して、またその取材できるだけ信頼関係を構築できてるとこ含めて、ジャーナリズムの手本のような記事です。
このノリとスピードで二兆円。こんなスゴイ決断出来るザッカーバーグは、経営者としても稀有な才能を持っていると思えて来た。
世界を震撼させた買収劇の裏側には、マーク・ザッカーバーグのフットワークにあった、ということか。
やっぱり、SNSの会社といえども、メール→直接面会は大事だなぁ。
ザッカーバーグは今ひとつ金銭感覚があるのか無いのか分からないので、結果をお手並み拝見、といったところですかね。この軽いノリは大好きですが。
このスピード感とノリも重要なんだろうけど、そもそも買収金額がGoogleよりかなり高かったというのも忘れちゃいけないよね。なんだかんだでそこが一番重要なわけで。そこに至るまでにこういう感じのプロセスがあったというのは面白いけど。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
51.6 兆円

業績