新着Pick
386Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【人事戦略デザイナーの視点】
私を人事の道に導いてくれた恩人である、グレッグ・ケリーの人となりについてお話ししました。

人事・組織開発・CEOオフィス担当役員でしたので、ほとんど表にでることはありませんでしたが、日産の人事部の様々な改革を主導したのは間違いなく彼の功績です。

文中にもあるように、彼は日本と日産を愛していたと私は信じています。

そして、彼の問題提起の一言によって、日産人事部長のポストを投げうって、人事コンサルとして独立しようと決意したこと。

実は、このストーリーはこれまで誰にも話したことがありませんでした。

NPさんから取材依頼をいただいた時に、実名できちんと話そうと思ったのは、多少なりとも恩返しができたら良いなと考えたからです。

そして、グレッグからの課題提起に応える意味で、2冊目の本を書いたのですが、その発刊タイミングがちょうどゴーンさんとグレッグの逮捕劇と重なったのは複雑な心境です。

リーダーシップ型組織運営の次に来るものは、私はメンバーシップ型経営だと考えています。

そのことを書いた本が、

「今のチームで残業を減らして生産性をあげろ! 」という無茶ぶりを解決する! (扶桑社から)です。

このコメントで紹介するのはちょっと気が引けるのですが、本を読んでくれたNP編集の方々から、「ぜひコメント欄で新著を紹介してください」というお話しもあったの、リンクを張らせていただきます。

http://amzn.asia/d/gl5kcKi

3社アライアンスの先行きは、本当に難題だらけだと思います。

現在のこの状態で、開発、生産、企画、その他の機能部署、そして人事部も、まともに仕事ができない状況ではないかと思います。

しかし、近年世界中で唯一成功した企業統治の形を、西川さんの元でまた立て直していって欲しいと思います。

グレッグ、風邪ひいてないといいんだけどなぁ。。。
インタビューを拝読した限り、ケリー氏は日産にも日本人スタッフにも現場レベルで良く溶け込んで、ゴーン氏との繋ぎ役をしっかりやってくれていた人物に思える。日産が、もともとこうした人物を抱えていたことは、日産にとって幸運なことだったはずだ。

そして、
”リーマンショックの余波で、経費節約をしなきゃいけないときがあったんですが、日産の役員全員に与えられている役員車を、自分は要らないっていったんですよね。「歩いて帰るから」って言ってましたね。”
というくだりには、感動した。

果たして、日本人役員たちは、その時どうしたのだろう。役員になるのがサラリーマンの出世競争の「あがり」と考え、一般的に既得権益を手放したがらない傾向が強い日本人に、それが出来ただろうか。三菱自動車に乗り込んできていたダイムラーの役員は、経営危機に瀕しても広大な役員室と高価な車を最後まで使っていたが、それとも好対照だ。(余談ながら、その後三菱自動車に乗り込んできた三菱3社からの社外取締役に年間数百万円の報酬を払うという案が、04年の総会後初めての取締役会に上程された。僕にも社外取締役として同額が提示されたが、僕は取締役会の場で、「経営危機にある今、社外取締役がこんな報酬をもらうことは絶対にやめるべきだ」と徹底抗戦したが、彼らは全く同意しないどころか、僕を強烈に批判してきた。彼らはそれぞれの会社から既に高額の報酬をもらっているのにだ。最近の日本人はそんな程度なのだ。)

ケリー氏は、有報への記載について弁護士や金融庁にも相談していたとされている。悪意が証明されない中で拘留を続けるのは如何なものだろうか。そして、この事件を契機に、日産がケリー氏を失うリスクが高いとすれば、それは大きな損失なのではないだろうか。
ケリーって誰だ?

今回の事件が最初の報道されたとき、こう思った人は少なくないでしょう。そして、今もその謎はほぼ解消されていません。逮捕後の報道も、断片的なものが多くケリー氏の実像に迫るものはほぼありません。

逆に、その謎の素性もあいまって、事件の黒幕はケリー氏だったのではないか、という観測をするような人も登場しています。

今回の取材では、ケリー氏が日産でいかなる仕事をやってきたのか、間近に見ていた経営人事パートナーズの山極さんに詳しくお聞きしました。
創業社長にありがちな後継者問題。因みにローマ帝国(アウグストゥスから東西分割まで)では、皇帝は終身制でしたが自然死は30%。暗殺、戦死、処刑、自殺が70%。
http://labaq.com/archives/51837646.html

『要するに、ある特定のめっちゃ優秀な人に権力を集中させたときのみ機能する組織を作ってしまった。あるいは、作らざるを得なかった。』
ケリー氏の素顔が知れる貴重な内容。こうして見るとマスメディアは偏向報道なのでは、思ってしまうほど。
普通の報道ばかりに接してると、牧場経営していて働かずゴーン氏の側近で黒幕。まるでゴーン氏が会社を私物化するために実務はできないが外から連れてきた人、みたいな印象をうけてしまいますが、内実は全く違いそうです。もちろん記事でもありますが、人柄と何をしたかは切り離して考えるべきですが、肝心の何をしたのかもよく分からない状況ですよね
ケリーはいい人なんだね!笑 冗談はともかく、ゴーンさんの在任中に参謀として仕えてた日本人経営陣は皆さんスーパークルーヘッドでプロフェッショナルで紳士ですよ。お目にかかる方、みんなそう、例外なし。日産=ゴーンというイメージを外していくのも経営者つまりゴーンさんの役割だったんだろうなと思う。少なくても外向けには。羽田に彼のジェットが降り立った後と前では日産の響きが別物になってしまったのだから。しかも、ミスタービーンに似てるし名前もゴーンって覚えやすいわけだから。
近くで働かれていたからのインタビュー。
事件があるタイミングで「やはり」とか「あの人があんなことをするわけがない」といった両方の報道が出てくることが少なくない。人となりは誰と接するかでも変わるものだし、文脈含めてどういう報道のされ方をされるかによって変わるもの。
だからこそ、何が真実かは分からなくても、色々な視点に触れることが重要だと思っている。
やっとケリー氏を知る記事が出ました。
改めて認識しましたが、アメリカ人なんですね。

>彼の功績はリーマンショック直後の立て直しだったんですね。グローバル人事の役員として力を発揮していました。<

↑このくだりを読んだ時、彼は黒子だけれど一番辛い仕事をこなしたんだと感じます。
ゴーン氏が実施したコストカット、ケリー氏が実施したリーマン直後の人件費管理、どちらも辛い仕事だと思います。

今回の有価証券報告書虚偽記載に絡む報酬は、どうやら退職後のゴーン氏の報酬であるようですが、私は、退職後の報酬であれば取締役会が機関決定しなければ単なる紙切れだと思っています。それが紙切れではないのであれば、それ相応の根拠があるのでしょう。早く事実を明らかにしてもらいたいです。

それとは関係なく、コストカットという辛い仕事を担当した彼は、今日産に対して何を思っているのだろうかと思いが巡ります。
ところで、普段はアメリカで牧場を経営しているという内容はどこから出てきたんですかね?もし、違っていたら、どう責任を取るんだろう?
NPには、こういうスタンスの記事を多く掲載していただければと思う。深い内容なのかもしれないが多勢に追随するのではなく、逆張りをして問題提起することが今のマスメディアはできていないし、NPはそれが出来得るポジションだと思うので。
忠実に上司の命令を従う、
これではすべての罪はゴーンにあるんだ。
ケリーについての報道は少ない中、この記事は重要だが、あまりすべての罪をゴーンにかぶせるのはよくないのではないか。
ほんとうに法律より上司の命令が大事とケリーは思うのか。
この連載について
20年近くにわたり、ルノー日産のトップに君臨してきたカルロス・ゴーン氏が逮捕され、失脚した。果たしてこれはクーデターか。内部で何が起きていたのか。突然の権力崩壊の実情を独自取材レポートする。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
2.53 兆円

業績