新着Pick
517Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「最近話題になることの多い個人間送金だが、ペイパルはまだ日本での提供を行っていない。」ということですが、ペイパルの原点はEメールでの個人間送金。その個人間送金がなぜ日本ではできないのか。ずっと疑問に思っています。

資金移動業の免許も取っています。メインサーバーが日本にないことも、今や問題ないはず。本人確認情報が持てないシステムになっているのでしょうか。マネロン対応が不十分なのでしょうか。

世界のペイパルですから、そんなことはすぐに対応できるはずですよね。もっと違うところにハードルがあるのでしょう。現金がなくなれば、個人間送金が必須になります。

ペイパルが日本のキャッシュレス推進に一役買ってくれることを期待しています。
モバイルペイメント、キャッシュレスについて考えれば考えるほど、物品、サービスを獲得する為には必ず行われる「支払い」行為にどんな付加価値をつけて、消費者にそのメリットを伝えていくことができるのかを考えることになる。

安心、安全な決済。
ポイント付与。
財布がいらない世界。
支払いが伸ばせる。

そうなんだけど、やはりお客様の購買行動において大切なのは、最終的には物品、サービスからの受益である。

決済行動が楽しいとか、決済することが目的な人はいない。

しかしビジネスとしては、消費者が現金以外の支払い方法を求める傾向は高まっている。だから、小売、サービス業は様々な決済方法を提供しなくてはならない。

これによって誰が一番メリットを被るのか?

消費者はもちろんだが、決済方法がなんであれ、消費者の受益価値は基本変わらない。

しかし、決済サービス会社さんは儲かる。手数料が手に入る。

小売業は様々な決済方法に対応するための、投資もかかるし、手数料も取られる。だから現金が良い。

モバイルペイメント推進派ですが、この業界のイノベーションはテクノロジーよりも、マーケティングによる真の消費者の課題解決にあると思う。

支払い手法はなんでも良いのだ。
だからこそ、決済にまつわるお客様のどんな課題を解決するのかを考えなくてはならない。
あら、瓶子さん笑
ペイパルの凄さはそのセキュリティマネージメントの知見と実績にあるのですが、今のECでのクレジットカード比率を見ると、日本ではまだまだその理解のための入り口に社会が立ったところという気がします。お金の民主化、というのは一瞬わかりにくいのですがとても重要なキーワードです。それはお金のコントロールを消費者が握るということ。個人間送金の実現の難しさ、それは国内の法律、そしてKYCの煩雑さにあると言えるでしょう。それが個人間送金が国内のどのプレイヤーにおいても素晴らしい顧客体験を提供出来ていない理由だと思います。国内法整備も含めていつ本当のスタート時点に立てるのか、日本の金融のこれからはまさにこれからでしょう。
私も佐藤さんと同じで、なんで個人間送金をやらないのだろう?と不思議に思っています。
やはり、KYCがやり難い国なので、何か支障があるんだろうなぁと思っています。

私もPay Palは、英語圏でないECや航空会社を使う時しか選択肢にありません、今のところ。

新しいサービスが日本で立ち上がることを楽しみにしています。
そう言えば、ペイパルのアカウントを持ってる。意識していなくても使ったことのある人は多いのではないでしょうか。
私も記事下からのリンクから飛んでみたら、やはり、アカウント持ってました!笑
私の場合だと、すでにクレカが2枚登録してありました。。意識してなかった。。。支払いの都度、銀行口座からの現金?や、どのクレカを使うか選べるので、「できるウォレット」という表現に、なるほど、とうなづけます。
PayPalは資金決済法初期にも持ち上げられてたし位置情報で飲食店にチェックインしてテーブル会計とか実現してた。いつチャンスが来るかも分からないと前に進める姿勢は重要。
PaypalがCardとかBankingとかはじめたらいいよね!
この連載について

業績