新着Pick
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんと!ついに富士山麓まで終売になるとは。。。富士山麓は価格の割に品質が高く業界ではコストパフォーマンスが高いウイスキーとして知られていました。私も好きだったのでショックです。

でもよく読んだら高価格帯の「富士山麓 シグニチャーブレンド」は続けるとのこと。良かった!先日このシグニチャーブレンドを、熟成樽が違うもので2本頂く機会があり飲んでみました。私はウイスキー通ではありませんが、かなり美味しかったです。そのうちの1本はアルコール度数が60度を超えていたと思います。あの芳醇さは初めての体験。キリンさんのウイスキーもこういうクラフト感溢れるものが出てくる時代になったんだ、と飲みながら感動しました。

それにしても日本のウイスキー業界の成長はスゴイですね。ビール業界も負けてられない。。。
下戸の単なる思い込みかもしれませんが、ウイスキーはやはり高いお酒。
がぶ飲みするハイボールは、ウイスキーが低品質で、あまり売れない時代の産物なのか。
腰をすえて、多少高くてもしっかりとしたものを作る方向に舵を切るのはいいことだと思います。
富士山麓は個人的にも馴染みのあるウイスキーなので残念ですが、高価格のシグニチャーブレンドは残るとのこと。良かった😆
ウイスキーというより、ハイボールが想定以上に飲まれてるということですかね。サントリーの市場を広げるマーケティングさすが過ぎます。次はどのへんのお酒で仕掛けてくるのでしょうか。楽しみです。
国産ウイスキー各社は中・低価格帯の商品を終売にし、高価格帯へシフトする。

が正しい表現かと思います。戦略としては賢明ですね。
ウイスキーは飲めるように時間がかかるお酒。
「熟成用のたる貯蔵設備などの増強も進め」たとて、それが飲めるようになる頃にこのウイスキーブームがどうなっているのかわからない・・・
【経済】あれ?キリンは先日生産能力を増強するという報道がされてなかったっけ?

ウイスキー投資の機熟す キリン、50年ぶり蒸留所増強
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37833470W8A111C1SHA100/
じわじわくる記事ですね…!
「富士山麓」は手ごろな値段で深い味わいなのがよくて、
それこそハイボールやハーフロックで楽しんでました。

業績