新着Pick

アマゾンはネット広告の巨人になり得るか  グーグルとフェイスブックに次ぐ第3位の広告媒体へ

JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
世界最大のインターネット広告市場である米国では、依然として米グーグルと米フェイスブックによる複占が続いている。しかし、今後数年のうちに、eコマースの巨人である米アマゾン・ドットコムが、この2社を脅かしながら、広告市場で勢力を伸ばすと、米ウォールストリート・ジャーナルが伝えている。
164Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazonは購買行動分析の最先端!

オンラインのみならず、Amazon Goなどリアルでのショッピング行動を分析することができる。

蓄積される、その膨大な行動データが最大の強みになる。何を買おうか調べるGoogle、何を買おうか参考にするFacebookやInstagramと違い、Amazonは実際に買うところだ。

最終的に人が購買する、いわゆるコンバージョンが最も高くなる広告手法を、Amazonが考え出すかもしれない。
今年の米国広告シェア、Googleが37.1%で首位。これにFacebookが20.6%のシェアで続き、Amazonが4.1%で3位に躍進。2020年は同51%増の109億2000万ドルとなり、シェアは7%に拡大すると予測。購買データがあるのは強い!
購買意欲に対しての広告が中心なので、googleには追いつかないような気がしますが、それをなんとかしそうなのがAmazon。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
186 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
112 兆円

業績

新着記事一覧
欧州の「2035年HV販売禁止」案が実現しても、日産“問題なし”自動車業界の脱炭素
Business Insider Japan
2Picks

大政奉還後も実権を握ろうとした?慶喜の終焉と現代から見た評価 渋沢栄一と時代を生きた人々(16)「徳川慶喜⑥」
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

マツダの1Q決算は米国好調でコロナ禍前水準以上に回復、通期は半導体不足で不透明
MONOist
2Picks

加速度的にEVにシフトし始めた中国の自動車市場 メーカーはブランディングが大きなカギに
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
2Picks

【難読漢字】「会釈」って読めますか?「かいしゃく」ではありません
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

韓国発の「縦読み漫画」が業界を席捲「日本式漫画が駆逐される」は本当か?
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

3.「暮らす」「働く」を提供して、路上生活の脱出と再出発を支援する「Homedoor」
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
3Picks

4.「メタジェン」は、「茶色い宝石®」から価値ある情報を取り出し、新たな医療・ヘルスケアの創出を目指す
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
2Picks

BMW新型M4クーペ、全身サーキットスペックの速さが光る「暴れ馬」【試乗記】 - CAR and DRIVER 注目カー・ファイル
Diamond Online
2Picks

【台湾】日月光、21年上期は過去最高益に[IT]
NNAアジア経済ニュース
2Picks