新着Pick
234Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
2年前、友人の某サブカル大好き産業医に「北鎌倉に住みたい」と漏らしたところ、「うわ!うざっ!」と散々罵倒された挙句、氏が寄稿している連載記事に「渋谷系若き老害」とカテゴライズいただき、その実例として「北鎌倉に住みたがる」というコメントと共にご紹介いただくという栄誉にあずかったことがあります。
「じゃあ、あんたの住んでいる町はうざくないのか?」と問いただしてみたところ、数秒の沈黙の後、「うん、うざいね……」とのご回答をいただいたわけですが。

ことほど左様に、特定の町を記号化し、そこにゆかりのある人々の人物像を論じる(往々にしてスパイスの効いたディスが混じる)のはサブカル文脈の方々の論説における常套手段ですね。
まぁだいたいにして「うまいこと言うな〜」と感じるので、個人的には好きなんですが、ここにSocial Classの概念が混じるとディスではなく、ただの中傷やセンシティブな地域差別に発展しかねないため、使いこなすには細心の注意と絶妙な配球力、ユーモアとエスプリのセンスが求められます。
素人はゆめゆめ、考えなしに真似せぬよう。
朝倉さんから今朝「交友録的な心温まるエピソードを披露しといたから」とメッセージが来てたんで何かと思ったらこれか(笑)。

確かに自分のようなサブカル属性の方は中央線、中目黒、六本木、秋葉原など都市と人の自意識を絡めて語るという手段は昔からのお家芸(?)でもあります。ですのでアメリカから帰ってきた朝倉さんが老成してるのにずっと若者(つまりオザケンのような)な雰囲気で、かつて文士が数多く住んだ北鎌倉と言われるとそりゃ一言くらい「小林秀雄気取りかっ!」とか言ってやりたくもなります(笑)。

そういえば中学生の時、泉麻人さんの「東京23区物語」を読み、各区の住人の特徴を面白おかしく、それでいて結構細かく描写されていて感心したことを思い出しました。文芸批評家の最後の解説には、かつては居住地区を語ることは階級や階層の話になってシャレにならない雰囲気だったが、日本が豊かになり皆が中流化しこの位は笑い飛ばせるようになったからこの本が生まれた。そんな内容が書いてありました。発売は80年代でしたので、確かにそんな雰囲気だったのかもしれません。

しかし現在では、ミュージシャン志望が下北に住むという趣味志向の話ではなく、居住地区は再び階層の話と取られるリスクが増してきています。この辺のニュアンスは結構微妙なんでTPOに合わせ調整しなくてはいけないなと思います。(またほとんどの人は趣味志向ではなく会社までの通勤とかそれ以外の理由で居住場所を決めていることも十分理解しています・・)

本論とはそれましたが、宇野さんがおっしゃるような紙媒体の方の過去の遺産の焼き畑農業的な振る舞いより、新しいものを作っていこうという姿勢に共感するということに関しては自分も全く同感です。
岸本千佳さんの「もし京都が東京だったらマップ」、街の表現手段として非常によくできていると感じています。

LIFULLとして協力している"100ninmap project"でも、「もし京都が東京だったらマップ」は参考にさせていただいています。

100ninmap project Webサイト: https://www.100ninmap.com/

北 雄介, 荒牧 英治, 若宮 翔子, 宮部 真衣, 河合 由起子, 清田 陽司: 広がり続ける100ninmap project, 人工知能学会全国大会論文集, 2017
https://doi.org/10.11517/pjsai.JSAI2017.0_1H3OS15b1
「やっぱり、自分たちの上の上の上ぐらいの、3世代ぐらい上の人たちが作ったゲームに乗っかったまま、そのゲームがうまくいかなかったのは世の中のせいだって言っている人たちって、かっこ悪い。」

メディア論の文脈ではありますが、これまで大きく、あるいはそれなりに成功していた領域、組織のすべてに共通する認識なのかもしれません。
東京23区の全面積の0.9%が未だに数100年の歴史をもつ農地なんです
ということをしつこく言い続けています。
これは世界の大都市にはない特徴。
いま世界の大都市では都心に農をインストールする「アーバンアグリカルチャー」が存在感を高めていますが、日本は常に農を侵食しながら内包するように都市化を進めてきました。
人口縮小社会においては空き家やレトロ物件と同じように歴史文化的背景をもった都市農地や農家の家屋敷の価値も見直されていくものと思います。
というかそれが私の本丸なので頑張ります。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。