新着Pick
1170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
11/19のNPオリジナル記事「人間格付けの時代」に信用スコアビジネスについて詳しい記事があります。これと合わせて読むと理解が深まります。
10月にはメルカリ、ヤフーが信用スコア事業に参入することが報じられていましたが、間髪を置かずにLINEが参入。
過去に信用スコアの領域が次の主戦場になるのではないかといった旨を繰り返してきましたが、ネット事業の役者が揃ってきた感がありますね。年明けあたりには楽天が参入表明するんじゃないでしょうか笑
リクルートはどう出るでしょうね。
https://newspicks.com/news/3375353/

アリババほど包括的なデータを持っているプレイヤーが存在しない中で、日本で本領域がどう発展するのか、気になるところです。

第1弾の事業は個人向けローンとのことですが、例えばこうした信用スコアが、オンラインショッピングや、宿泊、レストラン、配車の予約など、各事業者の経済圏におけるサービス間で共有されるようになればどんな事態が起こるでしょうか。今までは各サービスで悪いレピュテーションが立っても、所詮はそのサービスの中で閉じた影響しかありませんでしたし、アカウントを消せば、ゼロから信用を構築することができました。LINEのように固定化したアカウントだと、そうはいきません。
少なくとも、無断キャンセル問題などは即座に解消するのではないでしょうか。
https://newspicks.com/news/3425803/

今後は国境をまたいで、異なる経済圏の合従連衡も進むことでしょう。サービスのEC化が進むと、単にオンライン上に閉じた話ではなく、実生活に関わる死活問題に発展することでしょう。
果たしてそれが、個々人にとって本当に明るい未来なのかどうか、私には判断しかねます。
提携事業者(例えばマッチング系サービスやシェアリングサービス)を増やしてユーザメリットを作らないと人が集まってこないので、信用スコア事業をやるとここで宣言する(だけじゃないけど大きな理由としてある)わけですが、

とすると、LINEしか持っていない「行動データ」に価値があると提携事業者に感じてもらわなければいけないことになります。この証明をどのようにするのか、非常に興味があります。

Alipayが芝麻信用(ジーマクレジット)でうまく行っていてWechat Payがうまく行っていないことの一つの理由は、結局アリババが公共料金支払いや税金納入まで含めた支払い(購買)データを押さえているから。アメリカのクレジットスコアも、クレジットビューローに支払いデータが貯まっているから出来るわけです。

その意味で言うと、どうしてもEC押さえているプレイヤーには後れを取る構造になっています。

それを行動データの価値で証明しないといけないので、Wechat Payよりも広範囲な絵を書かないといけない。リアル購買が一定取れる想定だろうけど、PayPayはECも持っていて莫大に投資かけてリアルも一掃しようとしている。

なかなか難しいタイミングでの勝負ですね…戦略資料読みたい…
これは、どれくらいの人が自分のLineの情報で信用スコアリングをして欲しい思うかがKeyになるのではないかと思います。
みずほがやっているJ-Scoreは、ゼロから自分で回答をしていくので違和感はないのですが(金利に差もありませんが)、Lineは電話代わり、SMS代わりという極めてプライベートな使い方ですから。
また、急な出張の立替えのために自分で金利払ってお金を借りるというのはどうなんだろう?

第1弾として個人向けローンサービス「LINE Pocket Money」を展開。ユーザーが入力した属性情報、LINE上での行動傾向などから算出したスコアに基づき、ローン利用の可否などを判断する。「急な出張で立て替えが必要」といった資金需要に応える。

 スコア算出は、ユーザーの同意を得て実施する。
信用スコアで簡単に儲けようとするとローンになりがちだが、一方でgoogleをもってしても、検索結果はSEOの権化の様なアフィリエイトサイトに埋め尽くされている現況下では、落ちているお金を拾うゲームになる様に思う。一つだけ違うのは本人確認の有無だが、いまの簡素な方法だと悪意を持った人に対抗するのは難しいのでは無いだろうか。
これは儲かりそうね。
LINEがスコアリングサービスに参入。今日は銀行業、スマホ決済でのWeChat Payとの提携など発表されていますが、多くの人が普段使っているLINEで信用スコア事業参入は気になるところ。今後、金融サービス、ECをどれだけ拡大できるかが鍵になってくるとは思いますが、既存ユーザーが多いだけに、芝麻信用のようなものになっていく可能性はあるかもしれない。
個人向けローンの領域で、CIC他の業界共通の個人信用情報機関があるなか、LINEの持つ信用情報を加味して与信判断をした場合、具体的にどうなるかを冷静に考えたほうがよいと思います。
消費者にとっては、あまりよい話ではないのは明らか。
具体的に言えば、住宅ローンやカードローンを延滞している先に、他の属性情報が良いからと言って金を貸そうとはならないし、逆にローンは約定通り返済していても、他の属性情報が悪いから新たな与信はネガティブになる方向に利用されるとかね。
性善説で行っているところを掘りかえすだけの話だと思います。
レンディングするのでしたら、CICと繋ぎこみデュアルスコアでクレジットスコアリングの分位数から信用度合いを導き出すのが鉄板です。クレジットカード限度額の初期与信・途上与信もCICを原則参照。

金額が小さいレンディングであれば、PDSでも良いかもしれませんが利息が気になるところです。
キャッシュレスでの分かりやすい儲け口は個人向けローン。ここでもSBグループ、楽天、LINEとの激突が過熱してくる。ただコマースや携帯キャリアが強くない分、LINEが取れる信用スコアは限定的なので、そこをどうやっていくのか。そしてメルカリはどう対抗していくのか注目。

業績