新着Pick
458Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「ゴーンさんが来ていなかったら、2万人では済まなかった」のは間違いありません。

功罪あれど、危機に瀕していた日産自動車をV字回復させたのは他ならぬゴーン氏です。
車好きはよくゴーン氏について「往年の名車をカーラインナップから消した」と批判します。しかし、ゴーン氏がいなければ消えていたのは「往年の名車」だけではなく日産自動車そのものです。
仮に日産自動車が倒産していれば、日産自動車単体はもちろん系列や下請けも含めればもっと多くの失業者が生まれていたことは疑うまでもありません。

業界全体で考えても、燃料電池車や電気自動車、オートパイロットといった技術の進展も遅れていたことでしょう。
しかも当時、日産自動車は航空宇宙部門(現在はIHIに事業譲渡され「IHIエアロスペース」)を擁しており、ロケットや宇宙用実験機、防衛関連装備の製造や開発も担っていました。仮に日産自動車が航空宇宙部門ごと潰れていれば「はやぶさ」だってなかったかもしれません。

結果的に、ルノーの「救済」を受けて日産自動車は世界に名だたる自動車メーカーであり続けているわけで、そこは事件がどうであれ認めなければなりません。


西川氏の会見を見ていて思ったのは「この人にはカリスマ性がない」ということ。頭は切れるし真摯な態度を演出することは上手いものの、見ていて求心力がありません。
メモで使っているボールペンはコンビニでも売っているジェットストリームだし、メガネも古いデザイン。(ただし時計はピアジェ。参考: https://twitter.com/htk4520/status/1064826734367825920 )
若い従業員が直感的に「この人みたいな上司になりたい」とか「この上司に付いていきたい」と思う人じゃないように思えました。
官僚としては優秀で、言ってみれば「ゴーン大臣の事務次官」のような存在のように感じます。

ゴーン氏がいなくなった日産自動車を、真の意味で背負える人材はいるのでしょうか。
人気 Picker
本来ならルノー側の方々の意見も聞かないと公平とは言えないけれど、この対談記事から様々なことがわかる。

まず、強烈なトップダウンの光と影。経営に関する意思決定の早さは、トップにモノ言えぬ雰囲気の裏返し。執行部門を監督する取締役会の問題であり、また、コーポレートガバナンスが有効に機能していたかどうかという問題だ。本来なら上場会社の経営と会社法、そしてコーポレートガバナンス・コードを理解していて(これは最低限の資質だ)、業務執行取締役を監督すべき独立社外取締役の人数も不十分で、また人選に偏りがあるように見える。

次に、アライアンスゆえに発生する現場の疲弊。自動車会社は、平時においては結局、バリューチェーンの中で開発部門が主導し、販売側の意見を入れつつ、購買部門や製造部門(工場)とも擦り合わせながらスムーズに仕事をすることが求められるのだが、普通の会社でもそれぞれの部門に壁があることが多い。特に開発部門がしっかりしていないと苦しい。しかし、その開発部門がルノーとの技術論争に明け暮れ、しかも購買や製造が、株主の論理でルノー側の意向に引っ張られていたのでは、新車の開発どころか、小さな設計変更にもいちいち時間がかかることになる。

そして究極の問題は経営職階の人材が育っていないということだろう。日産はルノーとの親子上場の関係にはあるが、一般株主も持つ独立した上場企業でもある(親子上場の問題点はこれまでも縷々述べたところだ)。しかし親会社ルノーとのいわば内向きの議論に明け暮れ、株主の方を向いた経営ができる人材が育っていない印象を受ける。僕が一時期取締役を務めた三菱自動車の場合は、昔は三菱重工、その後ダイムラー、そして再生の時期には三菱3社(重工・商事・銀行)からの「天下り」のような人材が役員室を占拠していたために生え抜きの取締役が育たなかった。同じような問題を感じるところだ。
まさに日本企業。腐りきっているのは社員だということをこの記事は表している。他人事のように批判してるが、転職する勇気も能力もない。仕事できないとクビになるかもしれないという危機感がないとこんな人間になってしまうのだ。
なぜ、ゴーンは会社に守ってもらえなかったのか。根深い対立の背景は、彼らの積年の「感情」がわからなければ、理解できません。

そして、そうした部分はなかなか表に出てこないもの。

あの違和感満載だった会見の背景を読み解くためにも、ルノーと日産の間でからみあう複雑な心境と本音部分に、ぐっと迫りました。
リアルな対談だし、外部から見える状況とあまり変わらないと思う。
日産内部の人から見ても、90年代後半の経営危機から救った手腕は本物だし、一方でそこから回復し、中国で東風とのJVで一気に拡大した以降は、次を作れなかった。下記でコメントをしたが、コミットメントの先の「どういう企業を目指すのか」「どういうクルマを顧客に提供するのか」という点で未来を作れなかった。
そのなかでRenaultが大株主で、ゴーン氏が両社のトップを兼ねて、実績と権力を握る中で、会社としても顧客や競争を見るのではなく、ゴーン氏・日産を見る部分が増えていたのだと思う。
その構造はどの企業でも起こりうる。とはいえ、そもそもの企業連携やトップの構造としてガバナンス問題が発生しやすい状況だった。そこ含めてのガバナンス構造をすることが経営として求められたことだと思い、それが進んでいなかったことも現在報道されている様々な件から一定の事実がある。
https://newspicks.com/news/3485622
内は話は週刊誌的で面白いが、コアな結論は文中の以下:

「日本政府の関係者も、出来の悪いルノーに、「虎の子」の日産を完全統合させるわけにはいかない、と言っていましたね。」
「一方で、残った経営陣に日産の舵取りができるかどうか、より不透明になったよね。」

最初は素晴らしい逆境から立ち直った航海。途中から船員の事を考え無くなって船を売り払おうとした船長。
その船長を船から追放した船員達に次の強いリーダーがいるのか?
危機からの回復過程でのゴーン氏のリーダーとしての力量と成果は疑うべくもない。ただあまりに話が古い。以降、少なくともこの10年のゴーン氏の日産における経営は、単純に業績の点で凡庸だった。ルノーはもっと悪い。経営者は結果がすべて。不正の有無に関わらず経営者として問題があったと思う。
想定通りの内容ですね。既に報道されていた内容が多かったので、あまり新しい発見はありませんでしたが、元社員の座談会の発言ですので、記者の思い込みなどが入らず、分量としてもネットメディアならではで、非常に良かったです。
クーデターに特捜を使わなければいけない位、ゴーン氏に絶対的な権力があり、時間が限られていたことは事実なのでしょうが、今後、このようなクーデターに司法取引や特捜を利用することが繰り返される懸念もあり、日本国民として、安易にこのやり方を認めてはいけないと思いますし、法治国家なのですから、法に基づいて、ゴーン氏のやっていたことが違法なことだったのか、冷静に見ていくべきでしょう。
昨日の隣国の判決を国民情緒法と馬鹿にするなら、今回の捜査や今後の起訴、裁判が法に基づいて行われるか、監視していかなくてはいけないと思います。
江戸時代には、出来の悪い殿様に楯突くことは出来なかった。歴史が語るに、出来て死を覚悟した直訴でしょうか。
江戸時代にもしクーデターが成り立っていたら、世はどうなっていたかを考えてしまいます。…明智光秀か、徳川家康か。

>記事引用1:
A氏 結局、今回のクーデターで日産は、得るもの、失うもの、両方あると思う。得るものがあるとすると、ルノーに引きずられた、政治的な意思決定がなくなるのは間違いない。
D氏 だから日本政府の関係者も、出来の悪いルノーに、「虎の子」の日産を完全統合させるわけにはいかない、と言っていましたね。

ここは下町ロケットと少し重なります。つまり的場さんが社長になったということか…もしかしたら佃製作所も日本には!

>記事引用2:
社内では切れ者でしたたかだけど、 購買畑でのし上がった人。対サプライヤー交渉がすごかったといっても、単に自分より弱い立場の人を相手にしてきただけですよ。
面白い!会社関係者にしか分からない空気感が伝わってくる。ルノーと日産の関係を表現した、タイトルにもある「仮面夫婦」はその通り。「普通は会社側は、トップを守るものでしょ?」という違和感は自分も感じた。今回の事件でゴーン氏の功績まで否定するメディアを批判的に見ているのも興味深い。社内でも、絶大な求心力があったことが伝わってくる
ABCDさん、自動車の魅力はルノーが上ですよ!自動車という商品に乗らずに自動車メーカーを批判するのは、観察不足かも。
この連載について
20年近くにわたり、ルノー日産のトップに君臨してきたカルロス・ゴーン氏が逮捕され、失脚した。果たしてこれはクーデターか。内部で何が起きていたのか。突然の権力崩壊の実情を独自取材レポートする。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.66 兆円

業績

ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車製造会社。 ウィキペディア

業績