新着Pick
380Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人の営みである歴史には興味が尽きないものですが、会社の営みもそれ以上に面白いものです。
古きを温めて新しきを知る、とか言いますが、経験上社会や地域の変化と、その中での経営者の経験は、会社のビジネスモデルの変遷との間に、高い確率で明確な因果関係があると感じています。

M&Aというのは基本未来を買うような行為ですが、その最善手を考えるうえで、過去の因果を知り、因果の紡ぐ未来への仮説を立てるというのは、とても有効なアプローチであったと思います。

私自身は現場の人間だったので、体系的な経営分析のプロには程遠いですが、長いM&Aプレイヤーの経験で学んだ、1つの物の見方をお伝えできたら、そしてそれをアカデミアの皆さんと楽しく話せたらとても嬉しく思います。
私が座右の書としているひとつに「『見えない資産』経営」という本がありますが、そこで紹介されている財務諸表に表れない「見えない資産」である「組織資産」「人的資産」「顧客資産」が企業にとっては重要であるという考えに通じると感じました。
確かにBSに表れる「物的資産」やPL/BSに表れる「金融資産」が企業価値にとって重要であることは間違いありませんが、本当の企業の価値って何だろうと考えた時に、財務諸表では見えないビジョン・ミッションや経営者のリーダーシップなどの「組織資産」、社員やサポーター、取引先などの「人的資産」、その企業のサービスを愛し、応援してくれている「顧客資産」なくしては、本当の価値は見えてこないと思います。
会社価値を創造し、高めるために重要なのは「組織資産」を起点とする価値創造サイクルであり、「組織資産」や「人的資産」というエンジンをおろそかにしたまま、売り上げや案件獲得に焦っても、結局は会社価値にはつながらないし、それどころか会社としての目的も果たせなくなってしまいます。

(参考:当社創業からの振り返りと「『見えない資産』経営」)
https://note.mu/keiichi_ohara/n/n68d68f3d6f8c
まさにその通りで、会社の真の状況や将来性は、ある一時点を輪切りにしたB/S、P/Lだけでは半分もわからない。ここで記されているのは主に経営者が辿った歴史だが、実際には現場の社員の話をじっくり聞くと、本当の問題点や再生・成長のヒントが隠されていることが多い。我々もこれまで約110社に投資してきたが、その過程では数千社は検討したと思う。その時の判断基準は、単なる財務DDではなく、企業に暗黙知があるかどうかだ。それは現場に行かないとわからないのだ。
とても面白かったですし、共感しました。これ、転職の時にも言えますよね。人事だから、というのもあるかもですが、データよりも定性的な情報に着目する。企業文化とか価値観とか優先順位とか。

今の会社に移ることを考えていた時、ワタシが一番最初に惹かれたのは、お客様にお渡しするショッピングバッグに書かれていた「NO!動物実験」のロゴでした。で、ワタシが気になったのは動物実験の是非ではなく、そんなこと書くかよフツー、と。

書く以上、お客様に説明できなければならない。1,000人以上のスタッフにそんなメンドくさそうなこと(ごめん)をどうやって徹底していくんだろう、どういうカルチャーなんだろう。
で、結果的に、掘り当ててなんとなくわかったことで転職の意思が固まった、と。ワタシの場合はこんな感じでした。過去の転職も振り返ってみれば、似てます。

大山さんの記事でもわかるように、歴史からわかる、歴史により育まれた価値観や優先順位は未来のビジネスのドライバー、とも言えるのではないでしょうか。
企業の状態を把握するとき、財務指標以上に「歴史」に着目することでより深く理解ができます。経営者がなぜ創業したのか、どのような判断をしてきたのか、何を大切にしているのかを知ることにより、企業の性格が理解できます。「数字」は嘘をつきませんので過去の結果を教えてくれますが、未来は見えてきません。「歴史」を知り企業の性格を把握することで、何を大切に、何を捨て、何に磨きをかけていくべきか未来が見えてくることが多いと思います。
いつもNPのコメントで、深い歴史の知識と社会への洞察を披露されている大山さん。取材時も、お話される一つひとつの事例が本当に面白かったです。そして、「歴史+ファイナンス」の知識を持っているビジネスパーソンは、世の中が違って見えることを実感しました。
いつも拝読するのを楽しみにしているピッカーさんのコメントといえば、私の中では断トツで大山さん。

教養が豊かな方のお話しって、いつ聞いてもおもしろいものですよね。歴史に着目しなければ本質は読み解けない。まさにそのとおりですね。
過去の話を聞いた時、「失敗であった」という総括になっている話があると、「ああ、この人はちゃんと分析できる人だな」とある意味信頼感が高まります。人類の歴史を見ても、国でも会社でも滅亡の道を走る際に共通しているのは、施策の非を認めずに、現場や市場の実態とはかい離したまま、正しい判断が行えない状態が常態化するからです。
"すると「実は…」と、隠れた赤字などの重要な情報が出てくることがあります。いわば、推理小説のようにミッシングリンクを埋める作業をするのです。"
これは営業や提携などの交渉では必須ですよね。相手が何に困っているのかわからないと提案が芯を食いません。私は事前に調べられる限り調べていろんなアイディアを勝手に想像して持っていくようにしています。その時にどのアイディアのどの部分にどのように反応するか。仮説通りなのか、そうでもないのか。財務諸表などが公開されていたらラッキーです。課題から未来の打ち手まで書いてある嘘をつけないアイディアのネタの宝庫ですからね。
M&Aでの企業診断には、定量的なものと、定性的なものの両方が必要。定性的な企業診断には、経営者に歴史を語らせるのがいいというのが大山さん。そこに企業の本質が宿っていると。

時として、経営者の成功体験はマイナスに働くこともある。失敗や成功の体験談を聞くことが大切ですね。

そして、とても大切なのがビジョン。今後どの方向に進もうとしているのか。企業の社会的存在価値は何か。明確なビジョンがあれば、バックアップしようというポジティブなエネルギーが生まれます。
この連載について
NewsPicksアカデミアでは、第一線の実践者によるMOOC(オンライン講義)、イベント、ゼミ、書籍、記事を通じて、最先端の実学を提供。多分野の実践者が集う「学び場」をプロデュースしていきます。 https://newspicks.com/academia/about