新着Pick
1544Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
面白い
人気 Picker
「失敗したこと」であって「失敗した人」ではない。

一度の失敗で心が折れてしまう人が多いのは、周囲の問題でもある。

起業して失敗したとしよう。それは、そのビジネスが上手くいかなかったということ。その人が失敗者の烙印を押されることではない。

意見を否定されることと、人格を否定されることを、同じように考える人が陥りがちな勘違い。

むしろ失敗の経験がある人の方が価値があるくらい。そこをしっかり分けて、見方を変えればいい。

ちなみに、アイディアを生み出すのに必要な「量」を確保するには、NewsPicksで記事を読み、どんどん自分の意見を考えてみるのも効果的ですよ。笑
一人で考えていても悶々とするから、誰かと話すのも視野が広がって良いんですよね。アイデアは考える⇆話すの繰り返しかな。
ずいぶん前に読んだなと思ったら、2003年出版だったのか。いい本だし、改めて勧められるともう一度読もうかなと思う。
SNSのおかげで、個人がアイデアの量と質で勝負できるようになっている。
考具を読んで終わるのではなく、考具を読んでSNSでアウトプットすることに意味がある。

コンテンツメーカーになろう!
読んだけど、内容が全く思い出せない。
取材されたよ!
関連記事一覧
1年で本を200冊読むための簡単な4つのステップ
36Kr Japan
145Picks

読書の秋、トップマーケターが「おススメするマーケティング本③」【能川一太、林 直孝、藤原尚也、藤原義昭、二口晃、本多尚彦、谷本秀吉】
Agenda note
69Picks

松下幸之助の本を読む人が"富"を得る理由 - 稲盛和夫、孫正義、柳井 正……
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
17Picks

「本当はやりたいけど」と言い訳する人が何も変えられない理由 - MAG2 NEWS
BLOGOS - 最新記事
14Picks

日本人が忖度から逃れられない、本質的な理由 - 「超」入門 空気の研究
Diamond Online
7Picks

読書の秋、トップマーケターが「おススメするマーケティング本②」【田中安人、田口歩、田原美穂、中村大亮、中尾賢一郎、永野正則】
Agenda note
6Picks

テーマ特化の歴史本が面白すぎる – 珠玉の10冊
THE FRONTIER
6Picks

「カメラを止めるな!」の超ヒット生んだ本質
東洋経済オンライン
4Picks

2018年、ビジネスマンが今読むべき本23(前編) 神田昌典(経営コンサルタント)
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
4Picks

「起業家っぽさ」はなくてもいい。REAPRAが研究・実践を重ねる、「理想的な起業家」の要諦【連載 Ideal Entrepreneur ──成功する起業家の要諦】
FastGrow
3Picks