新着Pick
354Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まあ、シンプルに先のことはわからないですよね。ますます。それにいろんな変化・議論の影響で「ずっと一社だけ」もどうよ、という気運も少しは高まっているのかもしれません。

福利厚生がいい、というのはやっぱり意外と見逃せないポイントなんですね。人に関する制度や仕組みは、社員に対するメッセージですから、ここを厚くするかどうかは「ヒト」に対してのその会社の優先順位を意味する、と言えると思います。
「サービス残業」や「有給休暇が取得できない」というのは、かなり多くの企業に蔓延している悪しき「風土」です。

ホワイトな職場を探すことができればいいのですが、「隣の芝生は青い」と思ってブラックなところに飛び込まないで下さいね。
若かろうが年を食おうが一寸先は闇なので、3年後のことなど本当に何となくの話ですよね。そもそも3年先が自分のことだけでなくよく見通せるほどなら、さっさと種銭だけ貯めて専業投資家になることを勧めます。その気が起きるなら。
「3年後は勤務し続けていないと思う」と回答した人は51.0%、勤務先がブラック企業だと思う若手社員は30.0%。その理由は「サービス産業が多いから」(45.0%)「有給休暇を取得できないから」(31.7%)とのこと。経営者はこの数字を意識しておきましょう。
若手にとどまらず、常により良い職場にステップアップすることを意識して仕事している社員のほうが、今の会社に安住を考えている社員より仕事できると思います。
それでも「頑張る」ということに関しては、3年以上働くつもりで、成果にこだわって働いたほうがよいと思います。その方が転職の選択肢が広がる。しかし頑張りの方向性を間違えるとよくない。上司を見ていてはダメ。
「給与が低い」「福利厚生に不満」なども転職考えてる理由上位にあり、もちろんそのポイントも大事だと思います。
個人的にはもっと大事なのは、成長を実感できる本人がやりがいを感じる仕事をやれて、その結果報酬に返ってくるのが企業と従業員の良い関係かなと思います。
自分も新卒の会社を3年弱で辞めているので、なんとも言えない。一応「マネージャーになるまではがんばる!」とは思っていたんだけどね。

ともあれ、リスクモンスターがなんでこんな調査するのか想像すると面白い。
20代この時転職したいとは思いませんでしたが3年ぐらいの周期で異動届けを出していました。そのおかげで海外駐在する機会を得る事も出来ました。大企業に就職している人も視野を広げるために色んな部門を経験するのがオススメです。
リスクモンスター株式会社(Riskmonster.com)は、与信管理支援ASP・クラウドサービスを主に、与信管理に関連するコンサルティング事業、ビジネスポータルサイト、デジタルデータ化サービス等の各種BPO事業、教育関連事業を含むその他サービス事業を展開する企業。JASDAQに上場、証券コードは3768。 ウィキペディア
時価総額
89.5 億円

業績