新着Pick
188Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
何度もコメントしてますが、スマートホームのコンセプトは20年前から何一つ変わってませんし、ネットに繋がったところで家電メーカーが主役のつもりでいると何もスケールしないし利便性も大したことになり得ません。
家の外とつながることが必須で、そのためには自分たちはプラットフォーマーとして黒子に徹し、上にサービス事業者やアプリケーション開発者たちが集まってくるモデルを作らないといけません。
各社の取り組みはまだまだ "自分たちが主役" "オープンだ(といいながらウチが中心)" のような発想ばかりなので、なかなか周りが集まってくれないのです。キーワードはニュートラリティですよ。
家電のネット接続してには凄い可能性が秘められていると思います。が、しかし、サービスをメーカーが考えるようではあまり期待できるサービスが出てくる気がしない。家電がサービスのプラットホームになり才能あるサービスクリエーターが乗っかれるような仕組みが必須でしょう。
私が以前働いていたソニーでも、出井さんが社長・会長時代に、ネット対応化率80%とかそういう指標がでて、あまり価値がないネット対応機器を考えていた時代がありましたね。【手段】を定義して、何かあとから【目的】を探す、結果として、【目的】が見つからないから【手段】そのものを【目的化】することになります。
昨今のIoTという単語がバズワードになっていましたが、ほとんどの場合で、ネット化することが【目的】となった商品ばかりで、「本当に便利になったんだっけ?」と首を傾げている状況かと思います。最後のコメントを見ても、量販店が顧客との接点を奪ったのではなく、メーカーが顧客との接点を築くことはいくらでもできたのに、そんな言い訳をしていますし、利用状況が分かるから、「新しい価値提案ができる期待もある」とあるかどうかも分からないことに「期待」しているのだとしたら、この業界は変わってないなぁ、と絶望すら覚えます。

<引用>同社の宮部義幸専務執行役員は「量販店を通じた大量販売が始まり、顧客とのつながりが失われた」と振り返る。家電がネットに接続すれば利用状況をメーカーは把握でき、同社の系列店「街のでんきやさん」のように販売後も顧客と直接つながる。顧客への理解が深まり新しい価値提案ができる期待もある。
Amazonの家電参入は、一つの答えになるでしょうか。

ハードを製造するというハードルの高さ、利益率の低さ、在庫を抱えるリスクをネットのプラットフォーマーが抱えず、家電メーカーに押し付けている事も、普及が進まない原因の一つでしょう。
ハブとなるような製品(スマートスピーカーなど)で、お茶を濁しているのが現状だと思います。

家電メーカーに対する批判が多いですが、家電製品の主導権は依然として家電メーカーにあり、独自のネット機能優先、AmazonやGoogleのサービス対応は副次的な位置付けになるのは仕方ない。

Samsungが音声AIはBixby、スマートスピーカーも自社開発、スマートフォンと家電製品をオールインワンで提供しようとするのも、大手プラットフォーマーの関与が無いのなら、方向性として間違ってはいない。
まぁ要らないから流行らないだけですけどね。

ニーズやユースケースからの提案ではなく、モノありきの提案、なんてのがバレバレでは誰も見向きしませんよ。
本業回帰しなくちゃ。ネットに繋ぐ前にもっとやることあるでしょう。顧客と繋がるには、商品力アップだけ。ネットにつないだけでは顧客につながらない。たとえば、今でも炊飯器は、炊くだけ。米びつからコメ計量して、手で洗って、水の分量測って炊く。50年前から変わってないですよね。全自動でしないの?とか。
Googleなどにデータを提供する端末屋にならないように!

IOT家電、スマート家電といっても、OSがAndroidであったり、AIがGoogle Assistantであったりすれば、単なる端末に過ぎない。

ますますGoogleが蓄積する膨大なデータが充実するだけ。データ解析の結果を生かした、より価値のある製品を出してきますよ。Pixel 3のカメラのような。

家電メーカーは、バズワードに流されるのではなく、本当に価値を生むものが何かを熟考するべき。
米国ではアマゾンも“Amazon Experience ”としてスマートホームに進出していますね。この領域はIoTの鬼 ウフルの八子さんのコメント同意します。
メーカーが“自分たちが主役”を前提で“オープン”と言っている間はあまり使えない仕組みでしょう。
自分も含めて生活者は、“便利”に飛びつくよりも、“現状満足”にとどまるジレンマがあります。PR的には「何でもできる」がキレイに見えますが、ニッチだが解決したい課題を盛り込んでいって欲しいと感じます。
ネットに接続した家電は、消費者にどのようなベネフィットをもたらすのか?もう一歩具体的なサービスイメージが必要かも。
まずココからデザイン思考でお願いします
パナソニック株式会社(英語: Panasonic Corporation)は、大阪府門真市に拠点を置く電機メーカー。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がける。国内電機業界では日立製作所、ソニーに次いで3位。 ウィキペディア
時価総額
2.25 兆円

業績

シャープ株式会社(SHARP、英語: Sharp Corporation、中国語: 夏普電器有限公司)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、台湾・鴻海精密工業傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
7,342 億円

業績