新着Pick
1556Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
松井知事、吉村市長、長い道のり、ほんとうにご苦労さまでした。これで2020の次にとりあえず2025という国家目標が設定されました。五輪招致の経験も役に立ったと思われます。

以下、ここまでの本日のTwitterです。

今晩、24時過ぎ万博の開催都市が決まる。メディアは今日になって急に取り上げているが、プレゼンにノーベル賞の山中教授が出たりしているのにそういう映像がほとんどテレビに映らない。他都市のプレゼンも含めもう少し報道の仕方があったのではないか。

大阪に対しロシア(エカテリンブルク)とアゼルバイジャン(バクー)が名乗りを上げている。高齢化社会を課題に最先端医療、生命科学、テクノロジーを重ね合わせた成熟国家らしいテーマの大阪が開催地にふさわしいはずだが、プーチンを先頭にしたエカテリンブルク、石油景気のバクーもあなどれない。

万博は大阪1位で決戦投票へ!
大阪55パーセント、ロシア30パーセント、アゼルバイジャン15パーセント。
3分の2に届かないと決戦投票になる。決戦投票は過半数で決まる。2位との差を大きくつけているので大阪有利と思われます。

万博、決戦投票が終わり、大阪に決定!
‪万博が大阪に決まった!嬉しい。‬
‪1970年の大阪万博では地元企業の松下電器がタイムカプセルを展示したりしました。‬55年ぶりとなる大阪万博では、地元大阪のベンチャーである我々も貢献できるよう、ガンガン成長していきます。‬
経産省にいた頃、「本当に立候補するのか?」といった段階の議論に少しだけ携わりました。招致を勝ち取るまで尽力された皆様、本当にお疲れ様でした。

高齢化と技術革新を踏まえた新たな人と社会のあり方を世界・人類に提示できる機会。認知症の早期発見・進行要請・社会受容、終末期のあり方、義手義足をはじめとする身体機能の補完、定年退職に続く数十年間の「第二の人生」における社会との関わりなど、まだまだ検討・考案し実現していくべきことが沢山あります。僕も様々な形で携わっていけたらと考えています。

少し期間が空いていますが、基本コンセプトは下記(経産省資料)がわかりやすいと思いますので是非ご一読ください。
http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/data/20170407001.html
おめでとうございます。
55年前の話をしましょう。

「太陽の塔」は鉄筋コンクリートで皮膚を、鉄骨で骨を造ったような形をしています。
腕と頭は鉄筋コンクリートのシェル構造となっていますが、これは竹中工務店が「ショットクリート」というコンクリートを高圧力で吹き付ける工法でつくりました。
構造体への適用事例が限られている中試行錯誤を嵩ね、吹き付け厚さ70mm、Fc280kgf/cm2(=28N/mm2)、そして配合は乾燥収縮低減を意図してCSA系膨張剤を使用した水セメント比41%としたようです。
2025年には、どんな新しいコンクリートができているかな。
そういうことを考えて、夜ごと太陽の塔の夢を見る。

【参考】
嵩英雄:大阪万博 太陽の塔,コンクリート工学,Vol. 51,No. 12,2013,p. 1012
【大阪万博2025決定おめでとう】

万博の大阪開催については、閣議了解の一年前、
2016年くらいから色々と知恵を出させて頂いたり、
テーマや資金調達の手法について相談に乗らせて頂いてきた。

当時は、「何のために大阪がまた立候補するのか?」と
いう冷やかな見方も根強かったのを憶えている。
大阪にそんな余裕があるのかという批判もあり、地元住民を
巻き込んだ開催に向けてクラウドファンディングの検討も行われた。
そうした中、大阪市・大阪府のチームは「人類の健康・長寿への挑戦」というテーマのもと弛まぬ努力を重ねてよく頑張ったと思う。

その後、テーマはブラッシュアップされ「いのち輝く未来社会のデザイン」となり、Society5.0の近未来技術を総動員して
「健康で豊かな生き方はなにか」を探る実験場としての世界からの期待の高まりを追い風に、本日決選投票でロシアを下して2025年の開催地が大阪に決まった。

その経緯を知る一人としては、誘致チームに、心からおめでとうを伝えたい。

2025年の大阪万博は、2020年の東京オリンピックに続く快挙。2012年のアベノミクスのスタートからの経済の足固めが「ホップ」、デフレギャップの解消(2016年末)から就業者拡大、訪日外国人の急増(2017年)、デジタルガバメント推進、データ駆動社会への取り組み加速化(2018年)を「ステップ」とすると、第3段階の「ジャンプ」に相当するのが、オリンピックと万博という、この二つの国民的大事業。

この目標に向けての取り組みから派生する、社会システムのデザインが日本の「ジャンプ」を加速する。
キャッシュレス化やAging in Placeを踏まえたまちづくり、
人生100年時代の医療や年金、投資の新しいあり方などもそこに含まれるコンテンツだと理解すべき。

平成の次の時代は、日本にとって華やかなジャンプの時代。
大阪万博の開催決定で、その見通しがクリアになってきた。
楽しみだ〜!自分も以前経産省で誘致に向けたアイデア出しに少し協力させてもらいました。掲げている個人と共創にスポットライトを当てたHuman Livesというコンセプト、SDGsの達成に貢献、先端技術をフル活用したSociety5.0の実現という部分、好きです。期待!

経産省の資料では、展示を見るだけではなく、世界80億人がアイディアを交換し開催前から世界中の課題やソリューションを共有できるオンラインプラットフォームを立ち上げる予定だそう。

ちなみに2015年ミラノ万博ではミラノ市政府が万博開催時の交通手段・宿泊施設等の不足を見込みシェアリングエコノミーを推進したのも有名です。日本でも期待!
大阪、そして関西の皆さんおめでとうございます。2025年、7年後は、今想像もできない世の中になっているかも知れません。万博の大盛会をお祈りします。
【社会】ばんぱくばんざい。ばんぱくばんざい。じんるいのしんぽとちょうわ。そして、せかいだいとうりょうがたんじょうするだろう。(しんよげんのしょ)

けっこう賛成の人が多いみたいなので大声で言いにくいのだけど、2025年の大阪万博開催とかマジでやめてほしいんだよなぁ…。2020年の東京五輪誘致も反対だったのだけど、もはや新興国のためにしか存在意義のないようなイベントに公費を投じる意味なんてないだろう。個人の意思に関係なく、既に誘致の段階で関西系の企業は協力を要請されてるのだけど、これでさらに動員されることが確定したようなもの…。

追記:
大阪府と大阪市が会場として考えてる夢洲は、現時点でアクセスがめちゃくちゃ悪いところだからね。地下鉄や高速鉄道の整備をして大阪駅から30分でアクセスできるようにする構想があるみたいだけど、運賃が高くなることが想定される上に、万博後の利用方法のめどが立ってるとも言えない。

追記2:
大阪維新の会は財政再建や減税が旗印だったと思うけど、万博開催で財政を悪化させるリスクを全く考えていないのだろうなぁ…。
とりあえずよかった。2025の開催となば2040くらいのイメージの未来像をこれから想像しながら構成してかなければならない。これは結構大変な作業。
これが地盤沈下の著しい関西エリアの起爆剤になるよう、大阪だけじゃなく、神戸や京都も含め今度こそ連動した動きにつなげてもらいたい。IRもベースに関西がこれからどうやって復活し、成長していくのか。ただ経済的に豊かになればいいというわけではないばずだ。