新着Pick
215Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すごいな!これは試してみたい、、、かも。胃カメラは最近自分でしませんが、同じような検査で経食道心エコー検査というものがあって、うちの病院でも毎週たくさん検査してますので。

患者さんの気持ちになるには、自分が受けてみるのが1番という古典的な考え方も持ってるので、従来のとコレで比べてみたい。。。気もします(笑)

大差ないでしょと思うものでも、そこそこ違いが出たりするものもあります。人工呼吸器のモードとか、チューブの途中を自分で加えてみるとこんなんなのかぁ、と実感しますし。気管挿管はされたことがありませんが。

ギャグレスマウスピース、、、名前はそのままですが、オエッがないのはとても重要!!
http://www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp/news/25097.html
これは試してみたいですが、それより
①鎮静剤使用で寝てる間に検査(うちの病院は基本全例これ)
②経鼻ファイバー(細いので特殊検査はできませんが大抵は充分)
がトレンドです。
検査の苦痛度合いはピーク時と最後の平均になり、更に終わった直後にいいことがあると軽減されやすい。経過時間は問題ではなく、むしろ長い方が悪い印象が弱まることもある。
胃カメラは本当に苦痛ですね。胃カメラがあると思うと人間ドックから足が遠のきます。期待しています。
内視鏡検査やった方がいいですよ。

いつまでも前時代的なバリウム検査なんてやってる場合じゃないでしょ。新しいマウスピースで胃カメラが楽になるのは望ましいこと。

僕も毎年胃カメラをやっています。鎮静剤がすごくよく効き、あっという間に寝落ちしてしまうので、マウスピースの恩恵が少ないのが残念ですが。笑
こういう広い意味でのQOLは、民間企業のイノベーション利益獲得のインセンティブが一番役立つ部分。ハードコアな治療の周辺での医療・ビジネス連携、いいプラットフォームができればいいなと思い続けています。
試してみたいな
年に一度、一番不快になるあの検査の吐き気が8割減って、
人類を幸せにする開発!素晴らしいね。
吐き気8割ってどうゆう計測値なんだろうw

バリウムでドタンバタン大回転、楽しいです
この技術はもっと早く進化してほしい!