新着Pick
367Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
プロスペクト理論もあるでしょうが、「ユニクロ=安価」というラベリングが頭の中にできているのでしょう。

20万円のロレックスは「おお!安い」と思う人が多いけれど、20万円のアップルウオッチやカシオは「高いな〜」と思うはずです。

ユニクロのワイシャツをそのままアルマー二として売り出しても、品質の違いがわかる人はそうはいないでしょうし、買って「損をした」と考える人もあまりいないのでは…(笑)
これもまあプライスアンカリングの話ですよね。

日本市場でUNIQLOは低価格だけど高品質でブランドを確立してしまったので、一度固定されてしまったパーセプションを変えることは難しい。自らが設定した価格基準にマーケットパーセプションがアンカリングされてしまったわけで、それを上方にシフトさせるには、かなりのラショナル(理由)が求められ、それが機能性だったり素材だったりデザイナー(のネームバリュー)などの付加価値だったりするわけです。

一方、UNIQLOは海外進出においては、日本での二の轍を踏まぬように、日本らしさや先進性といった従来のSPAアパレルにはないような多様なイメージ戦略でブランドを当初から構築することを目指したために(あくまでお手頃ブランドではあるものの)日本におけるような状況を避けることにある程度成功している。

無印良品(MUJI)なんかも割と似たような状況だが、無印良品の場合は日本においても「MUJIのある生活」という独自の価値観やライフスタイルをプロダクトラインアップ(住宅・宿泊施設から文房具まで)店舗、さまざまなオウンドメディアなどのタッチポイントで一貫して訴求することで、プライシングの自由度を担保することに成功している。

記事中にあるように、人は「損をすること」に極めて敏感なので(損失回避の法則)、自分の脳内にアンカリングされた価格より高いと思うとそれを回避するように行動します。ですからプライシング(特にディスカウント)は極めて慎重に行うべきで、ファッションSPAで言えば、GAPなどは日本ではもはやセールでないと売れない、という状況に陥り、いまや正価で販売している日数の方が短いくらいと聞きます。
逆に、海外ではお手頃ブランドとして知られているのに何故か日本では高級指向として入ってきているブランドもいくつかありますよね。どことはちょっと言えませんけども。マーケティング(イメージ作り)の威力ってすごいのだな、難しいなと思わされる瞬間。

同じものを売り出しても販売店が違うだけで価格が変わるというのもすごいと思いますけども。

シャネルが15万円のブーメラン 批判相次ぐ高級ブランド、進むべき道は
https://forbesjapan.com/articles/detail/16324
価格戦略的に安売りをすると後から大変になる話はよく聞きますけれど、価格設定は簡単じゃないですよね。売れた実績を作らなければ次の展開もできないので。。やっぱり悩みます。

ユニクロは、日本国内で「価格破壊を起こしたリーダー」というイメージが強すぎて安いモノしか売れないかもしれませんが、それもそれでいいんじゃないでしょうか。また世界的にユニクロのブランドパワーはとても大きくなっているのでそのブランドパワーをもとに新たな展開もたくさんできると思います。
そりゃ怒る人たくさんいますよ!定着したイメージで見ているから。

ユニクロは、かつて低価格の「ワンマイルウェア」として、近所に出かけるときに着る物でしたから。

デザイン性も今ほど高くなく、アンダーウェア中心でしたし、ヒートテックのような機能性商品もありませんでした。とにかく安くお買い得というイメージで人気になりましたよね。

そこで定着したイメージは簡単に変わりません。特に高い年齢層の間では。

値ごろ感は、何と比較するかも大きく影響します。

たとえば、ネスプレッソ。日本で登場したときには、1カプセル80円なんて高いと思われました。ネスカフェのようなインスタントコーヒーと比較されたからです。

しかし、スタバやタリーズと比較すると、ネスプレッソと牛乳で作ったラテは十分美味しくて割安だよねとなり、人気になっていきました。

今後、ユニクロを買う人たちが何と比較するかで、その値ごろ感も変わってきます。
価格戦略は本当に難しいですね。

一部外資ファストファッションでは毎日40%オフ! この記事の通りもう戻せない状況なのだろ思う。早晩日本市場から撤退するのではないかと邪推しています。

ユニクロの高機能素材戦略ももう限界が来ているのではないだろうか?一家に何枚のヒートテックが既にあるのだろうか? 極暖とか毎年手を変え品を変えてももう不要なのでは? 

ファストファッションがサステナブルであるためには、デザイン・色彩の新規性、一定以上の品質、そしてブランドイメージが何より大切ではないだろうか。そのうえでの価格戦略。それは決して値引きのことを言っているわけではありません。

ユニクロに最も欠けているものは、デザインと色彩だと思います。特に色がいかんともしがたい。実にもったいない。

素晴らしい色合いのシリーズを高価格シリーズとしてラインナップすると売れると思いますが…
先週初めてヒートテックエキストラウォームを購入したところ、あまりの温かさに感謝感激しています。

どうせ本当はたいした事無いだろうと舐めていてすみませんでした。

追記:今週から韓国はひどく寒いので、家族用にも昨日8着ポチりました(笑)日本より500円くらい韓国は高いみたいですが、それでも安いと思います。
ヒートテックはやはり必携商品ですね。
低価格イメージが定着してますが10%値上げなら気になりません。(アウターは、、、)

5年ほど前、中国で一時的利用と思い安いダウンを探した際は、圧倒的にユニクロの質がよく結局ユニクロを購入。確かに当時の中国価格で考えると高いが質を相対的に比較すると非常に安価な印象でした。ちなみに無印は、日本と価格が変わらないので中国ですごく高価に感じました。

価格と質のバランスと印象は相対比較になるので国ごとに異なる。国内はもともと安価ブランドスタートで固定化しているので厳しい。
ブランドイメージで、高級からエントリー価格帯に降りるのは、BMWやメルセデスが成功しているように比較的やり易いが、逆は厳しい。だから、トヨタはレクサスブランドを作ったし、ユニクロも世界戦略的にはエントリー価格帯はGUに任せて、ユニクロブランドはイメージの底上げをするつもりだったんでしょうね。

確かに日本では、安いとのアンカリングが強烈に残っているから、時間をかけてやるしか無い。
海外からのイメージの逆輸入戦略なんかもいいんじゃ無いでしょうか?
スーパーの安売りのようなチラシを毎週折り込みでばら撒いてきたわけで、その認識を国内で変えるのはもう不可能でしょうね。

デザインは良くなってきましたが(悪く言えば無難)、品質は安くてそれなり(家具のニトリとかと同じような)の大量生産品のレベルかな、と。
例えばカシミアニットでいうならAURALEEあたりは海外のラグジュアリーブランドに近い品質のものを、セレオリ+αの価格帯で売っていて流石だなーと思います。
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
6.62 兆円

業績