新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均-0.35%、TOPIX-0.60%、マザーズ-0.36%、REIT-0.22%。
米株安で-300円超下落してスタートしたが、多少の為替サポート含めてかなり下げを縮めた。中国や韓国も寄りはマイナスが大きかったが日中ジワジワ上がってきた。ダウ先物は1645現在で約100ドル反発している。

業種別には半導体系の反発もあり電気機器+0.32%(米国も半導体反発)、紙パ+0.05%がプラスで、それ以外はすべてマイナス。マイナスで大きかったのは鉱業-2.95%、証券-2.06%、卸売-1.90%、海運-1.65%、石油石炭-1.63%。
個別だと業種と重なるが半導体・電子部品系でSCREEN+6.81%、TEL+4.85%、アドバン+4.46%、ミネベア+3.98%、SUMCO+3.79%などが上位銘柄を占める。マイナスでは高島屋-15.94%(CB発行の希薄化懸念)、オリンパス-8.69%(社内弁護士の内部告発記者会見?この事案自体は前から出ていたはず)など。なお、日産は+0.36%。
日経平均終値は前営業日比75円58銭やすの2万1507円54銭で取引を終えた。一時300円を超す下げ幅になったが、午後に値を戻した。
ダブルボトム形成で切り抜けられるかどうか。