新着Pick
591Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現在、会社記者会見が行われています。
以下、別記事へのコメントです。

現職公認会計士にとっては、辛い事件になりそうです。

氏家さんにフォローして頂きました通り、有価証券報告書は監査対象です。
しかしながら、監査は不正を見つけることが目的ではありません。
西村さんがコメントされている通り、財務諸表の数値に与える影響からすると軽微な金額になってしまいます。

しかしながら、リスクアプローチの監査には、質的リスクもあります。役員報酬は、いわゆる代表者によるお手盛りが可能な部分があり、質的リスクは高いです。

有価証券報告書を監査する期末監査ではなく、期中監査で5年間どのような監査手続きがあったのか、公認会計士協会として検証されるものと理解しています。

なお、よく勘違いされますが、有価証券報告書の作成責任は会社です。
記者会見でやや被害者的な説明をしている会社記者会見には違和感を感じます。
コーポレートジェットで、日本についたところで踏み込んだことが伺える。
また、それをこうやって記事にできるということは、特捜筋から事前に少なくとも朝日新聞には伝わっていたのだろう(今回、朝日新聞だけ早かった)。
メディアも準備してという意味では劇場型の捜査。

ただ、いまだに解せないのが、金銭で過去の名誉を失うようなリスクを負うインセンティブがどこにあったのかという点。
完全にマークされていたことが分かる記事です。
内部告発案件なので捜査だけでなく、社内調査、開示、会見、関係先への対応まで、完璧に準備されていたXデーでしょう。

関係者はかなりの数にのぼったと思いますが、すごいですね。
取締役の背任行為を見逃さないのも、まさに取締役会の善管注意義務。代表取締役の不正が長期に亘って調査されている間、取締役会の中で誰が情報コントロールしていたのか、今後の日本企業のコーポレートガバナンスを考える上で大変興味あるところだ。普通は社外取締役の出番だが、本件はどうだったのか、そこまで踏み込んだ事実が知りたい。

業務上横領ではないが東芝やオリンパスでも代表取締役レベルでの不正な指示があったわけで、そうなるともはや個人の倫理観の問題。やはり独立社外取締役が過半数の指名報酬委員会が適切に機能することは大事だと感じる。

加えて、本件は、ルノー・日産の株式持ち合いが、株主ガバナンスを効きにくくしたという側面もあるだろう。持ち合いや親子上場は一般株主と大株主の利益相反の温床である。

折しもソフトバンクが親子上場をする日が迫っている。
厳しい事を言うと、こうまでしないとゴーンを下ろせなかった日産は、取締役会含め、正常に機能してなかったという事でしょう。

さらには、ゴーンも自身の引け際を探っていたので、観念したのではないですかね。

日産の企業運営自体、あまり感心できるものではないと思ってます。
【追記】
22:00から会見が始まります
https://youtu.be/tg07t4FxFhI

ゴーン氏を乗せた飛行機が羽田に到着した午後4時35分ごろ。そのタイミングから各方面で一気に捜査が始まったようだ。
記者としてはここまで朝日新聞が情報を掴んでいたことに脱帽。各社追っかけるのに必死だろう。
いきなり刑事事件にするとか荒っぽいことする必要は少なくともない案件と思いますが。
西川社長の会見見てるけど、腑に落ちない。
全部の責任転嫁をゴーン氏にしていると感じる。
茶番劇?裏にあるものはなんなのでしょうね。。
こんな写真まであるとはビックリ。朝日の取材力に脱帽
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
3.02 兆円

業績