新着Pick
197Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
降格しても開幕戦にキャパと同じ5.7万人を集めたHSV。今回はその短期的対応策についてまとめました。監督のパーソナリティが最大の鍵とディレクターは語ってくれましたが、それを確実な結果につなげる事前の準備と仕組みづくりの重要性を感じた次第です。

これでHSVのマーケティングについてはお終いですが、クラブの方向性を守るための株主比率に対するポリシーとか、スタジアムのビジネスラウンジの作り方とか、観戦チケット所有者が無料で公共交通機関を使える制度の仕組みとか、ものすごくためになる面白い話もたくさん聞いてきました。

何より衝撃的だったのが、ドイツのクラブって所有するスタジアムに対する固定資産税がかからないということです。

ご要望と機会があれば、何らかのカタチで皆さんと共有したいと思っています。
監督やマスコットをただの「看板」ではなく、ファンの「感情」を揺さぶるアイコンにする。西武の辻監督やヤクルトのつば九郎を見ても、監督やマスコットの重要さがわかります。HSVの伝統、底力を感じられる記事。
かなり日本でも参考になるファンコミュニケーション戦略ですね。
日本のクラブが持っていながら活用できていない資産(アセット)は、有形無形問わずまだまだあると実感しています。
それを活用する発想の転換が、今、クラブに求められていると思います。
この連載について
京都パーブルサンガ、福岡ソフトバンクホークスマーケティングなどでの勤務を経て、九州産業大学でスポーツマネジメントを専門とする福田拓哉准教授が世界、日本のスポーツ組織を活性化させるビジネスの取り組みについて深堀していく。