新着Pick
2154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「アマゾンは倒産するだろう。大企業を見ると、その寿命は30年程度。100年ではない」

決して悲観的なものではなく、大企業の傾向から客観的な意見を言っているようですね。
それにしても、企業のトップがこういう発言をするのは凄い。徹底的に顧客目線でサービスを提供し続けているアマゾンのベソスだからこその発言かもしれないですね。
危機感をちゃんと持っているのは、とても大事なことだと思います。
日本では100年以上続く企業が多くあるので勘違いしがちですが、ここ30年間の凄まじい変化を目の当たりにしているアメリカでは、当たり前の感覚なのではないでしょうか。Googleですら創業20年。20年前にこんな変化が起きるなんて誰も思っていなかった・・でしょうね。

「アマゾンの仕事は顧客に注力することによって倒産を可能な限り遅らせることと付け加えた。」
とあるところもまた特徴的だと思います。真のユーザーファーストとは何か、を世界のトップ企業は常に考えていて、それは「今のユーザーが欲しいもの」だけではなく「未来のユーザーが欲しいもの」にも目を向けているのが特徴的な点かと思います。

実際に潰れるかどうかは誰にもわかりませんが、何れにせよビジネスの変化の速さはこれからも加速すると思いますし、その中でAmazonがどんな存在になっていくのか、この危機感がどんな変化をもたらすのか、とても楽しみですね。
いつかアマゾンは潰れる。「もし我々が顧客ではなく、我々自身に注力し始めたら、それは終わりの始まり。我々は終わりの日を可能な限り遅らせなければならない」
ジェフ・ベゾスの発言を見るたびに、彼の思想は哲学者であり生物学者なのだろうな、と感じます。この記事からも

・企業はゴーイングコンサーンという前提ではなく「寿命は30年程度。100年ではない」と生物になぞえ「寿命」を意識している
・形骸的な評価(PL,BS)ではなく、内なる評価や哲学(CF経営,顧客への価値など)によって経営の「軸」を作っているように見える

面白かったです!
「企業の寿命は30年」と言われて久しいですが、テクノロジーの加速度的進歩を斟酌すると、もっと短命になるでしょう。

もちろん、伝統ある銘菓等は別ですが…。

アマゾンという社名で組織を変革して全く新しい業務に転換するか?
潔く、一度閉めてしまうか?

従業員の危機感を煽るには、「潰れる」という表現の方が大いにインパクトがあります。
潰れるかは分からないが、栄枯盛衰はある。
下記は2015年の記事だが、オススメ。IBMがテックセクターの時価総額に占める比率のグラフがあるが、今のAppleやGoogleの比ではない。
それがメインフレーム→PC→検索→モバイルと技術や主要市場が変わる中で、現在のFAMGAの時代となってきた。
https://newspicks.com/news/907619
ここに全て集約されていますね。
多くの企業が「内向き志向化」で滅びている。

「もし我々が顧客ではなく、我々自身に注力し始めたら、それは終わりの始まり。我々は終わりの日を可能な限り遅らせなければならない」
極めて妥当なものの見方
"「もし我々が顧客ではなく、我々自身に注力し始めたら、それは終わりの始まり。我々は終わりの日を可能な限り遅らせなければならない」"
創業より守成の方が難しいと遥か昔からさまざまな君主たちが言っています。ベゾスより次の世代でしょう
素晴らしいコメント。そりゃそうだ。いつかは潰れる。それだけは間違いない。
どのようなビジネスモデルも“安泰”が永遠に続くなどあり得ない。

しかし、ベゾスさんが“社会課題”や“市民の困り事”を解決するエッジの立ったビジネスを創造し続け、ポートフォリオを慧敏にマネージし続けられれば、AMAZONに衰退は無いようにも思えます。

しかし、プライバシーに関するルールメイクや各国の保護主義の台頭などなど、何がビジネスに影響を及ぼすか予測がつきにくい状況が続くでしょう。企業トップは常に“ホラーストーリー”になった場合の対策を怠らず、傲慢にならずに市場を見続けていく事が大切ですね。

彼が「AMAZONは倒産するだろう」と言ったのは、そのような企業文化を維持する事が最重要だと分かっているからでしょう。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
時価総額
95.9 兆円

業績