新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事が指摘している業界再編・合従連衡の少なさは課題だと思う。
最後のETF部分については戸田さんが突っ込まれている点以外に、スチュワードシップコードの導入でむしろチェックが以前より働くようになっていると思う。個人的には、成熟期の企業についてはそこのハードルをもっと上げていってもいいと思う。
個々の企業などミクロ的には合従連衡によるデメリットもあるだろうが、一方でマクロ的には資源の最適配分や供給過剰が是正されずに業界が稼げずに全員が弱体化していくようなことを防ぐことにつながる。
新陳代謝を促すための教育ができる親がいないんだから仕方ない。

子供を育てる育てた親がサラリーマン、公務員以外の働き方を伝えられない社会で
起業家を作ろうとか、無理無理無理
日本は100年企業が多く素晴らしいとよく聞き、日本の上場企業も圧倒的に平均寿命が長いようですが、海外の上場廃止企業の理由の8割がM&Aとのこと。日本に長寿企業が多いのは、単に成長のための合従連合が進んでいないからなんですね。ファクトの裏側にどういう背景があるか理解しないと解釈間違ういいケースで、勉強になります。
寿命が長いから成長が鈍いということもあるでしょう。というのも、デフレの長期化により、経営者が攻めよりも守りの経営に舵を切らざるを得なくなったため、企業の持続性は高まったものの、イノベーションが起きにくく、結果として成長が高まりにくくなっているものと思われます。