新着Pick

「ポケモンGO」まだまだ熱中している人の実情

東洋経済オンライン
「ポケモンGO」が一大ムーブメントを巻き起こした2016年7月から、もう2年以上が経過しました。私自身は、ポケモンGOのサービス開始から、ほぼ毎日のようにアプリを起動し、ポケモンゲットにいそしんでいる人間です…
411Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
私も暇さえあればポケストップを回して、ボールを投げている日々です。
リリース直後のブームが落ち着いて一旦は離れてしまった方も、ここ最近になって再開した方も多いのではないでしょうか。
フレンド機能、バトル機能など、実装がかなり進化しました。
ナイアンティックさんは、AR機能などを使い、ポケモンが実生活に存在するような社会に、とユーモアを含めた革新を進めていらっしゃいますが、まさしくその通りになっていっています。

昨日はSwitch版のソフト、ピカブイの2種類が発売されましたが、ポケモンGOと連動すると、さらにポケモン達が隣にいるような、そんな感覚になります。
モンスターボールplusだなんて、本物のボールまで実装されました。

確かに、ゲームはゲームなんです。
しかし、そこに我々人間の心とカラダを動かす、動かしたくなる仕組みがポケモンGOにはあるんですよね。
だから、大の大人が必死になって、1つの場所に集まって、バトルしたり、ボールを投げたりするんだと、私は思います。

Switch版のソフト発売を皮切りに、ダスキン監修のミスドのピカチュウドーナツの発売やピカブイカフェなど、
デジタルの世界だけでなく、小売・サービス業界も動かしたリリースが行われています。

ゲームボーイの赤青緑から始まった世界が、時代と技術革新とともに形を変え、今も生き残り続けているのはやはり凄いことなんだ、と思わざるをえません。
僕もよく「まだ飽きないの?」と言われますが、まったく飽きないんですよね。ゲームを楽しむと捉えるか?歩くを楽しむと捉えるか?の違いなのでしょうか。歩いていたら、そこに虫とか猫とか鳥とかがいたら、興味を持つし、写真を撮ったり、捕まえてみたくなる。それと同じなんですよね。
つまり歩く行為に、もういちレイヤー加わる感じ。そう捉えると、歩きながら音楽を聴いたりするのと同列の話なのかも。音楽を聴く人に、まだ飽きないの?とは、聞かないですもんね。
久しぶりに会う人に、よく「まだポケモンGOやってるんですか?(笑)」的に聞かれることがよくあるのですが、どうしてもその言葉に冷ややかなものを感じることが良くあるので、言い訳記事を東洋経済に寄稿してみました。
ちなみに記事タイトルは熱中になってますが、熱中も微妙にニュアンス違うかもしれませんね。
ある意味私にとっては本当にゲーム性のある万歩計という感じです。
ということで、引き続きポケモンGO活動は気長に継続してまいりますので、温かく見守っていただけると幸いです。
ポケモンGO普通に楽しいですよ。特にレイドバトルという、プレイヤー同士が協力して、強いレアポケモンを倒すイベントが始まってから、一段面白さのレベル上がりました。
リアルと連動してる楽しさをポケモンGO以上に出せてるゲームが他にないですし、各種イベントなどの運営も優秀。そして、理不尽なほどの課金はない。良心的なゲームです。

まだみんながやってるゲームほど、エンターテイメントやビジネスとしてのヒントが詰まってると思います。今から始めても楽しいので、NPのみなさんもぜひ笑

P.S.
トレーナーコード「7982 2847 4260」でやってますので、フレンド必要な方は気軽にどうぞ😊
これを読んでいると、人を外に
誘い出したいと言った、ナイアンテックの
村井さんの言葉を思い出す。
全くの狙い通りである。

願う事なら、踏み出したその先で
ポケモン以外の物に興味を持ってもらいたい。

そこには、面白い物が転がっている。
そしてそれが、村井さんの願いなのである。
僕は配信開始当初からやっていて、最近子どもがやりたがるようになったので、妻のスマホでもアカウント作ってやるようになりました。昔はレベルの高い人がすごく有利な感じがあった気がするのですが、妻のアカウントも最初の一週間程度はレベルの低さからくる不便さがあったものの、すぐに同じくらいの楽しめ方になりました。そのへんのバランスがだいぶ良くなっている気がします。レイドバトルなんかでは、レベルの高い人がいるとむしろありがたいですし。
先日は、ヒノアラシを求めて子どもと2時間以上歩き回ってました。妻も巻き込んだことで、レイドバトルに合わせて家を出やすくなり、楽しみが増した気がします。
ただ、学生に聞くとあんまりやってないんですよね。どのへんに受けているのか興味あります。レイドバトルとかで集まっているのを見ると、結構年配の夫婦とかも多い印象
徳力さん、ありがとうございます。そう、いわゆる「スマホゲーム」ではないんですよね。あと、もうひとつだけ付け加えると、新しい出会いや話題が増える、という良さもあると思います。
やってますよー。レベル40が遠い、、
最近のイノベーションは、アプリを起動しなくても歩行距離がカウントされ、ボーナスがもらえるようになったこと。具体的には歩行距離に応じて割れる卵が割れたり、ボーナスがもらえたり
https://newspicks.com/news/3411668
規定の距離に達すると「卵が孵りました」というプッシュ通知が来ます。
これは、よく考えると凄いことで、リアルの生活にゲームが嫌な感じがせずに割り込んできてるということ。これまでも、ライフが回復しましたみたいなプッシュ通知はありましたが、歩行に応じて、みたいな連携はなかなかない。
単なる色違いだけで楽しめる、というのも運営的には簡単に盛り上げられる、素晴らしいコンテンツ力だと思います
レベル30でやめていましたが、先日、台湾に行った際に久しぶりに開きました。中国に行った時も開いて、「ああ、やはりできないんだな」と確認したりして。
人を移動させる力まで持っているというのはあらためてすごいことだなと思います。
「テクノロジー×強力IP」という掛け合わせのパワーは、今後の技術の進化でますます強くなりそう。
ハリー・ポッターもやりますね☺️
先日リリースされた新機能が、ポケモンGOを起動していなくても、Google Fitと連携して歩数をカウントしてくれる機能。

これの実装によって、私はポケモンGOを再インストールしました。毎日のウォーキングがはかどります。
Niantic, Inc.(ナイアンティック)は、アメリカ合衆国の企業である。モバイル機器を用いた位置情報アプリや位置情報ゲームを製作している。 ウィキペディア