新着Pick
2105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年5月、経済誌のThe Economistの表紙を孫正義社長が飾りました。その記事内では「アップルのスティーブ・ジョブズがテクノロジーとアートを融合させたとしたら、私はテクノロジーと金融を融合させている」という孫正義のコメントが引用されていましたが、まさに10兆円ファンドこそ、孫さんが実業家として磨いてきたノウハウを結晶させた、テクノロジーと金融の融合だったに違いありません。

NewsPicksでは、ゼロからでも前代未聞のファンドについて理解できるように、渾身のインフォグラフィクスを作ってみました。これまでなんとなく「10兆円ファンド」を耳にしていた人も、なぜこの仕組がすごいのか、よく分かるかと思います。

ぜひご一読ください。ビジネスマンにとって保存版クオリティの一本です。
批判もあるけれど、30年前から唱えてきたという「群戦略」も、ここまでの規模にいたると、軽く一国の国家予算を超える規模・

それだけの巨額の投資マネーを抱えると同時に、「ビジョン」ファンドと銘打っているくらいなので、投資の大義は必要になってくるのでしょうが、社会的インパクト投資ではなくあくまでビジネスとしての投資なので、そのパートナーのイメージからくるブランドイメージ毀損をどう払拭するかという課題に近いのでしょう。

ソフトバンクの子会社上場によって新たに2-3兆円の資金調達もしますし、本格的な投資持ち株会社に舵を切った中で、孫さんが次にどのような手でこの逆境を乗り越えてさらなる先の未来を切り拓いていくか楽しみです。
SVFの大きな矛盾は、SBGの連結対象であるゆえに、SBGの株主とSVFの投資家の間に必然的な利益相反が生じることである。加えて、LPであるサウジと及び他の投資家の間にも実は利益相反がある。もしSVFがサウジの近代化に貢献するというなら、それらを目的とする投資はSBGや他の投資家の利益に合致するとは限らない。SBGの戦略でSVFが運営されるなら、それはサウジを含む他の投資家の利益と合致しない可能性が高い。たとえばEXITをする際には、最も高値を示す企業やファンドに売却するのがGPであるSBGの責務(忠実義務)なのだが、果たしてSBGはSVFの投資先をSBGのライバルに売却するのだろうか。本件、見かけはSBGとサウジ双方の利益に叶うように見える巧妙な仕組みだが、実際には利益相反の塊であり、突き詰めて言えばSBGが一定のダウンサイドをサウジに持ってもらって、アップサイドだけ取りに行っている仕組みと考えるのが妥当なのではないかとまで思える。それでも、これだけ含み益をSBGの決算に計上してしまったら、ダウンサイドが起きた時にSBGに何が起きるか、考えただけで恐ろしい。
後藤さんが書かれているように、孫さんの凄いところはテクノロジーと金融を融合させているところである。

ただ、アップル以降色んな家電がカッコよくなったように、今のビジネス界はテクノロジーと金融を両方使いこなせている事が競争の最前線では当たり前になりつつある。
特に競争の激しい中国ではそれが加速しており、過当競争によるマイナス面もありながらも、金融の力でテクノロジーがかつてないスピードで普及している。

是非そういう世界を日本の起業家/経営者は体験すべき。


追記
それと、根本的に今までの「VC」はベンチャーが自走可能な大企業になるまでの補助であったが、ビジョンファンド(やセコイアが起こそうとしている数兆円以上のファンドなど)は「最新ののテクノロジーによって一気に既存の構造をディスラプトしきる」までのサポートを想定していると思います。

根本的には金融機関が果たす役割を再定義するものであり、証券取引所の役割を一部ディスラプトするものです。

いわゆる「VC」の文脈で見るべきでは無いように感じます。
文脈や投資案件含めて分かりやすい。
基礎の部分は本記事に任せて、ソフトバンクやビジョンファンドについて気になっている点を、2つコメント。

一つは、RIZAPでも利益とCFの乖離が注目されたが、それはソフトバンクでも同様。ソフトバンクは連結やデリバティブが複雑なので、どのプロフィットラインでそれを見ていくかがとても面倒なのだが、営業CFはここ5年ほど概ね1兆円前後に対して、利益は色々変わっている。
記事に「含み益」という言葉があるが、まだ利益として入っていない。逆に、バリュエーションが縮めば、損失が出て「含み益」が消えて、さらには「含み損」がでる可能性もある。
NASDAQが8000pt→7000ptと落ちる中で、成長期待の剥落がビジョンファンドの投資先含む非上場市場まで押し寄せてくるかが注目。

もう一つは、ソフトバンクおよびビジョンファンドの巨額の投資のなかで、ビジョンファンドの投資だと思ったら意外に本体での投資もあったりする。
どういうときに本体で投資し、どういうときにファンドから投資しているのか、その場合分けはどうなっているのだろう。
よくぶっちぎり史上最大の10兆円ファンドと言われているけど、ソフトバンク以外のエクイティ部分は250億ドル程度とブラクストンやアポロといったPEファンドの過去最大級とほぼ同じ。優先株部分は通常のPEファンドのレバレッジ部分に近くて、ビジョンファンドはテックエリアに特化した世界最大級のPEファンドというのが近いと思う。それでも、日本の他のPEファンドは上記のトップクラスと比較すると数十分の1のサイズだから十分評価に値するけど
主要なユニコーンやそのカテゴリーのキーになる企業をどんどん抑えた。

エンジェル投資よくしていますが、こういうことしていますとますます孫さんの偉大さがわかりますです。

リスペクト。
いい起業家がいても投資して欲しいと言われないといけないわけで。

逆にいうとビジョンファンドに投資したいと言わせられるだけの起業家の応援したいです。そこまで持ってけるだけの。

エンジェルポート
https://angl.jp/keyplayers

自己紹介
https://keyplayers.jp/archives/5482
最大のパートナーであるムハンマド皇太子がスキャンダル後にどうなるか?
サウジの国内法では多分捌き切れないし、権力構造を考えても同じ。

孫さんとしては、深く水面下に潜ってもらい「ビジョンファンドの資金はあくまでもサウジの政府から」と言える日を待っているのではないでしょうか?
20%にリターンがある限りは、たとえ形を変えてもビジョンファンドは間違いなく存続するし、SBの戦略にも大きな変化はないでしょう。
孫さんの企業評価力と行動力は桁外れ。携帯電話業界に目をつけ、ヤフーやアリババに投資したのはすごいと思った。

それがビジョンファンドになると多少の違和感を覚えます。VCが育てたユニコーン企業に投資し、投資先の時価総額を上げるために、追加投資しつづける。株価を決めるのは誰でしょう?

とかなんとか、時価総額経営の光と陰についていろいろ考えるのに、このインフォグラフはとても役立ちます。
相変わらず、わかりやすいですね。有料会員の価値があります。ベンチャー投資の規模のグラフだけ分かりにくいというか見にくいですので、単なる棒グラフを縦に並べるだけの方が良いような。
ところで、ビションファンドのコンセプトと外れるような気がするのが、今回人工知能のカテゴリーにロゴしか載っていなかった多眼カメラのLightですね。多眼カメラがこれ以上の個数増えて何が出来るのか、つまり必要性が分からないです。恐らく、画像解析などに使うのだと想定しているものの、第3コーナーを回るとかそういうレベルではなく、競技が開催されていないものです。つまり、普通のベンチャーへのアーリーステージでの出資と変わらないように感じています。例外ですかね。
https://japan.cnet.com/article/35122851/
この連載について
孫正義がサウジアラビアと組んで始めた、10兆円のソフトバンク・ビジョン・ファンド。巨額の利益を生み出す一方、パートナーであるサウジアラビアの皇太子の疑惑によって、その存続を含めた危機を迎えている。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.17 兆円

業績