新着Pick
949Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンクグループの株主とSVFの投資家の間には看過できない利益相反がある。特にSVFの主要投資家がサウジであることはSBGの株主までもが政治リスクにも晒されていることを意味する。

https://newspicks.com/news/2910148?ref=user_345620
https://newspicks.com/news/1834633?ref=user_345620

ソフトバンクは、これ以外にも携帯子会社の親子上場を控えているが、これも完全な利益相反だ。僕も孫さんを尊敬する一人ではあるが、一流の経営者であれば、ガバナンス構造や市場に対する敬意も一流であって欲しい。

https://newspicks.com/news/3447740?ref=user_345620

なお、2号ファンドの組成は当面無理だと思う。

https://newspicks.com/news/3437599?ref=user_345620
「大誤算」もなにも、リスクを取るというのはそういうこと。相当のリスクを取らなければこれほどのお金を集められないのは世の道理。孫さんはそんなことは百も承知で博打勝負に出ているわけで、是非にあらず。
サウジアラビアの資金をあてにした背景は、(1)ファンド業界で規模で勝つ必要があること、(2)資金力と意思決定の速さ、(3)サウジの脱石油依存を掲げる国家戦略にソフトバンクが深く喰い込むことにあったと思います。ただ、最初のビジョンファンドが実績を出せば、次からは資金源の多様化は容易になると思います。日本の個人投資家に通信事業者の株を買わせるのもありでしょうが、公的債務に絡めとられつつある日本の個人資産をうまく生かす道をつけるため、ビジョンファンドIIを日本の個人の手にも届くものにするという考えも十分ありではないでしょうか。(成功が前提の話ですが)
孫正義さんが、腹の底で何を考えているのかが、最も興味深い。周りの誰にも見えていない世界が、彼の面前には広がっているにちがいない。サウジについては、アメリカからの糾弾が、ある程度抑えられそうなので、火はすぐに消えるだろう。
孫氏が皇太子と「1対1」の関係においてビジョンファンドを進めてきたと考えているのなら、それはまさに「大誤算」かもしれません。

ウルトラトップダウンのこの地域のやり方では、トップの鶴の一声が全てを決めるのは確かにそうですが、トップは得てして全体像を把握していることは少なく、実際に舵を取るのはその下にいる取り巻きや下心満々の外国人です。
孫さんの5の二乗の兵法にあてはめれば、
ビジョンファンドは「七」割以上の勝利が確信できるまで煮詰めた結果。
歴史は繰り返すというが、過去の歴史ではどうなっていたのだろう?
10兆円ファンドの中身も投資の手法も想像を超えているのでしょう。知るのが少し怖い気がします。
起業家からの投資家への転換…投資を受けたスタートアップの起業家からどのように見えているのか…その辺りに関心があります。本連載、とても楽しみです。
間違いなく今、このタイミングでNewsPicksがやるべき特集だ