新着Pick
787Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
冷静なとても良い論考。芝麻信用から学べる事の本質は、「ToBとToCそれぞれ異なるインセンティブを設計したプラットフォームビジネスにすること」。

特に「悪いことをしたら罰則」にせず、「良いことをしたらメリット」にすることが重要。ユーザがとにかく沢山集まって初めて信用スコアは意味を成す。

中国の芝麻信用は犯罪レベルに悪いことをしなければ基本減点は無いし、点数によって得られる生活上のメリットがあるから皆貯めたくなるし、

アリババ視点では逆に、抑圧的な制度設計をしたら皆wechat payしか使わなくなってしまうので、人が逃げないようにインセンティブ設計している。

書かれている通り、マッチングでのビジネスに勝ち筋があるなら、なおのことプラットフォーム原理で考えるのが、成功の鍵だろうと思う。
キノの旅という15年くらい前のライトノベルで、善行をするとポイントがたまり、悪行をするとポイントがマイナスされる社会の話があって、善行ポイントをめちゃくちゃ貯めて人殺しをしようとする人の話があります。
もちろんこれは極端な例ですが、でもそんなことを少しだけ思い出してしまいます。

あまりスコアのマイナスやペナルティが強調されるとよくない気はします。数回の好ましくない行動をしただけで再度スコアを上げるのが難しくなるのはよくないという話もありますし、いつも善行してたらたまには悪行してもいいでしょうというインセンティブが働くのもよくないと思います。

スコアが溜まっていると通常のサービスより少しお得になる、くらいの使い方がいいんですかね。
中国の芝麻信用がきっかけで知名度が上がった「信用スコア」。先月参入を発表したドコモやヤフーなど、日本でもプレーヤーが増えてきました。どんな情報をもとにスコアを算出するのか、どうやってマネタイズするのか。各社異なる戦略を取材してきました。
先週末中国のキャッシュレス事情を視察してきました。無人店舗や冷蔵庫型自動販売機はジーマクレジットがベースになっているところもあります。

一般的に誰でも入店できる無人店舗だと、10%くらいの商品不一致となる(盗難などにより)。ところがジーマクレジットで利用制限(入店時のQRコードスキャンでスコアを確認)をかけると、それが大幅に低下するようです。

ジーマクレジットは信用スコアとしてスタートしましたが、今ではソーシャルスコアと呼ばれることが多い。融資が目的ではなく、その人の社会性を評価するスコアに変わってきています。
じわり日本でもその名を聞き始めるようになっている信用スコア。岡記者の業界レポートをお届けします。
ジェイスコア、興味本位で使ってますが、ソフトバンクもみずほ銀行も使ってないので、口座連携のスコアが入らず、ほぼ無意味でした…苦笑

記事の後半で融資以外の様々な使いみちに言及されていました。すべてが格付けされる世界がよいのかどうか、よくよく見ていかないといけない。例えば、賃貸の保証料に差がつき出すと、住む家の確保に困る層が現に存在してしまっている現状を悪化させかねない。

テクノロジーの進歩、信用情報の活用の流れが止められないのだとすると、セーフティネットをアップデートするしかないのだろうか…
個人の信用スコア、「高金利セグメントのなかでの差別化」の間は、普及しないと思っている。
記事の返済能力と返済意思という分け方は勉強になる。お金を貸すことは、それが返ってこなかったら丸損になるわけで、融資元としては両方が十分な顧客に貸したい。一方で、両方が十分であれば誰もが貸したいし、そもそも融資ニーズがないかもしれない。
結局、そこで返済能力も返済意思も確認されているなかで、ちょっとだけ背伸びしたいときに応えられるかとか、貸し倒れるリスクが低くコストが安いのでそれが金利や上限額に反映されるか。そういった点がないと、セグメントが広がらず、格付けサービスとして十分に広がらないと思う。
以前,ヤフーのサービスが始まるという記事のところでも書いたが,
https://newspicks.com/news/3375353?ref=user_2112738
これが最も適切に機能するためには,
・評価は双方向であること.ヤフーやみずほが上げ下げを管理するだけではない.サービスを提供する側・受ける側,物を売る側・買う側の双方がお互いの信用度を評価できるようにすること.
・様々なサービスでばらばらに蓄積されている個人や団体の信用・評価を一元的に共有・管理するシステムを構築すること.本当は中央管理ではなく,分散台帳の仕組みを使ったシステムが良い.
・評価の高低によってサービス内容や金銭的な受益が上下するようになること.一律の価格,サービスから信用度に応じて差がでるように.これこそが信用度の意味.評価経済.
この評価はシェアリングなど,各種サービスを受ける時に使われるのですが,評価が無かったり,悪くても多くのお金を払えば,同様なサービスを受けることはできる.評価が高いということは,少ないお金で有利に生きることができるということ.また,トラブルを起こしても点数がすぐに下がるとは限らない.なぜなら,評価者は悪い相手の評価を厳しく下げることは必ずしも得策とは言えないからである.そういう相手を寛容に許すことで,自分の評価が上がることがあるからである.どのみち,人が人を評価していくのは時間も手間もかかる.このようなシステムが本格的に機能を始めるのは,AIなどが人の気持ちを汲み入れて自動で採点していけるようになってから.
カーシェアでは既にセーフティードライブ、エコドライブが評価されるようになっていますよね。

会社の人事評価もそうですが、評価項目が変わると行動が変わりますよね。
スコアリングはシェアリングエコノミー系のプラットフォームとは親和性が高い。初回の取引の際等は特にホストゲストの信用を担保する材料が少ないので、ある一定のスコアがあれば安心して取引が出来るし、トラブルを抑止出来る。スコアが高いゲストはプラットフォームの価値を上げて貰える「お得意様」なので、デポジットを無料にしたりとか、クーポンを提供したりとか、特別なラグジュアリープランを提供したりして、囲い込みたいはず。定着していけば横柄だったり、モンスタークレイマーや、反社会的な人が激減しそうだが、どうか。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社みずほフィナンシャルグループ(英語: Mizuho Financial Group, Inc.、略称:MHFG)は、東京都千代田区に本社を置く日本の銀行持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.55 兆円

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9.7 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
9.7 兆円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.63 兆円

業績