新着Pick
352Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経済界はODAによってはアジア経済をリードできませんでしたが、スポーツ界はアジアの一員として競技、経済、親善面でリードしていかなければなりませんね。

前に勤めていた会社では世界をフラットに見る無国籍企業だったので日本は完全にアジアの一員でした。私は一社員だった2000年頃はまだ先輩世代はアジアの傘下という事実にプライドが許さず、早く抜けるために存在感出して本社直に戻すぞと奮起していた時代もありました。私もその頃はサイズも小さく直面する課題も単純なアジア各地域と一緒にマネジメントすることについて違和感を持ったのは覚えています。しかし今は完全にフラットで10年以上やってました。共に学び共に議論し経営もアジアで一元化され良き仲間がたくさんいます。

かつて15%くらいの存在感があったものが現在は世界GDPの5%程度となれば当たり前ですし、15%あったとしてもその程度のどんぐりの背比べで自己アピールするより、世界全体はアジアのリーダー、それも一国や二国ではなく協調するリーダーを欲しています。

まだいわゆる「おじさん世代」にとっては、アジアは横並びの兄弟ではないのが実態でしょう。常に上下で見ていると思います。

いろんなことを助けてくれ、教えてくれ、優しかった近所のお兄さんだったはずが、いずれアジアは急成長して逆転していきます。こちらは老いますし、あちらは成長します。その成長を自らのこととして喜べるか、アジアの成長によって老いた私たちが成長できるか、私たちもそれによって若返れるか、ということだと思います。

サッカー界は早くから「アジアを強くしてしまったら、日本が勝てなくなって困る」という議論を乗り越えて徹底支援に回りました。その方が日本が強くなるとの信念からです。ACLもしばらくチャンピオンの座を譲渡していましたが2年連続で取り返しました。ぜひサッカー界はアジアとの付き合い方のロールモデルとなっていって欲しいと思います。
本記事の執筆者である木崎さんは、創業期のNewsPicksでスポーツの記事を担当してくれていたプロ中のプロ。そんな木崎さんが、本田さんの無茶ぶりで(笑)、今ではカンボジア代表に帯同して、選手を指導しているというのは面白い。今はプレイヤーと書き手の境目がない時代。木崎さんは将来、アジアサッカー界のキーパーソンになる予感がします。
アルビレックス新潟シンガポールが2004年からシンガポールのプレミアリーグに参加していたり、何十人もの日本人選手が東南アジア各国のリーグで選手登録されるようになったことは、日本と東南アジアのサッカー界を着実に近い関係にしてきました。本田圭佑氏のような著名人以外にもカンボジア、インドネシア、タイ、フィリピン、東ティモール等々のリーグのチームに選手として所属しています。この記事のように、育成、指導、あるいは運営に携わっている日本人も多数にのぼるでしょう。
 東アジアの統合は包括的なもので、経済や安全保障に限らず、文化や教育・研究、災害対策、医療、観光、宗教、等々あらゆる分野で進んできましたが、スポーツもその一環です。
 日本の中古車輸出入会社、ビィ・フォワードがアフリカのマラウィでプロ・サッカー・チームの主なスポンサーとなったのを皮切りに、アフリカのサッカー・チームのスポンサーとなる日本企業が増えていますが、東南アジアでも同様のことは起きていて、企業の営業活動の上で、現地のスポーツや文化活動とも関係を深めていく、ということがますます有効になっていくでしょう。
ライフイズテックに投資頂いている本田さんの参画で注目されるカンボジアサッカー。
そのカンボジアで、本田さんより早く一部リーグチームのオーナーになっている日本人がいることをご存知でしょうか?
アンコールタイガーFCの加藤さんです。

潰れかけのチームを赤字覚悟で買い取り、チームの価値観を変え、育成型のクラブを作る体制も整え、地域の子どもたちにサッカーを好きになってもらう慈善活動も行う。中長期を見据えた加藤さんの挑戦が近いうちに、アジアのサッカークラブ経営のロールモデルになることを願っています。その時は映画化決定ですね!

ちなみに余談ですが、加藤さんは、私と同じリンクアンドモチベーションのOBです。昔から意志力の化け物みたいな人だったので笑、アンコールタイガーはきっと夢を叶えると思います。

--------------------
カンボジアの夢と希望と勇気の象徴に。アンコールタイガーFCオーナー・加藤明拓氏インタビュー
https://www.footballchannel.jp/2018/09/09/post288531/
スポーツもビジネスとしてのプロリーグはどうしてもその国の経済を受けてきた。

しかし、南米のプロチームのようにヨーロッパリーグへの選手の「輸出」で半分以上を稼ぐようなチームだったり、グローバル経済を取り込む事で、必ずしも自国のGDPに縛られない経営ができる。

特に、クラブの経営ノウハウや各国の情報という観点で、おそらく色々な国のリーグでチームを保有する事はかなりの優位性を持つことになる。

例えばJリーグのオーナー企業が東南アジアとヨーロッパにそれぞれチームを保有していれば、他のチームができないような人材発掘やノウハウをシェアができるでしょう。

野球はプロリーグがある国が少ないが、サッカーは多いので、そういうグローバル経営をする会社が現れてほしい。
Jリーグがアジアのプレミアリーグになる。いいですね。

”Jリーグでは提携国(タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール)の選手は外国籍選手と見なされないので、東南アジアの選手たちにチャンスがあるんです”

これを使ってどんどん多国籍化しましょう。本家プレミアリーグが面白いのは、ダイバーシティのおかげだと思います。選手のみならず運営まで。

木崎さん、枠を超えた活躍ぶりですね。素晴らしい。応援しています📣
そうか!木崎さんカンボジアチームいるんだ!今俺もカンボジアで色々仕掛ける準備してるから連絡してみよう。
アジアにおけるプレミアリーグ化はビジョンとしてはいいが、実際はかなり難しい。
日本と東南アジアとのレベル差は想像以上に大きい。
チャナティップやティーラシンなど、タイでも突き抜けたレベルの選手がようやくJリーグでも活躍できる。
他の国の選手はどうだったか。歴史が証明している。

レベルが達していない選手を入れることは、クラブにも選手にも良くない。
アジアの選手は選択肢としてあってもいいが、マーケティング主導で本質を見失っては危険。

ほどほどの選手では無理。
突き抜けたレベルの選手をしっかりとる。
そして東南アジアのレベルアップに貢献するような活動により一層力を入れないと。
指導者を派遣しているけども、今後は現地指導者のレベルアップも必須。

まあそんな上手くいかねーよとは、近くで見ている木崎さんが一番良く分かっていると思いますが(笑)
そう。アジアの選手獲得は待った無し!
アジアの選手は身体が小さくて、現在Jリーグで活躍しているタイの選手も小柄です。

ちょうど昨日の代表戦で、日本のセンターバックとゴールキーパーが軒並み高身長な事を実況は賞賛し続けていました。

確かに身体が大きい方が有利ですし、ダイナミックさもありますし、後ろ側のポジションは高身長が重要です。

世界基準に合わせる事も大切ですが、私はもっと低身長ならではの勝ち方を試合で見て行きたいなと思います。
この連載について
世界最大のスポーツであるサッカー。欧州で活躍する日本人選手は増えているが、ビジネス面では日本の存在感はまだ薄い。しかし今、ワールドサッカーを舞台に日本企業や日本人の攻勢が始まっている。バルセロナ(楽天)、ベルギー(DMM)、カンボジア(本田圭祐)の3つの挑戦をレポートする。