新着Pick
187Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
スペースポート・ジャパン設立に関し、同理事の青木英剛氏と共に、NewsPicks森川潤氏に取材頂きました。何故今この事業なのか、前編と後編の二本立てです。前編はこちら→
宇宙旅行なんて、まだ先々の話でしょ?と半心思いながら、取材を進めていくと、お二方が当たり前のように、宇宙旅行ビジネスのロードマップを共有されていることに度肝を抜かれました。

このロードマップを聴くと、前澤氏の月周回旅行の持つ意味というか、凄さの理由もはっきりと分かってきます。ただ、宇宙に出る以上の困難さを伴う大旅行なのだと。。

何より、やはり実際に宇宙を見てこられた山崎さんが平然と語る、外から見る地球の話に思わず聞き入ってしまいました。日本で、このプロジェクトがどこまで進むのか、注目していきたいと思っています。
スペースポートジャパンはヴァージンギャラクティックの飛行を誘致する計画っぽいですね。
Facebookユーザーでしたらご参考までに.
https://www.facebook.com/take.tsuchy/posts/720449151488780
↓ すでにこんなビジネスまであるとは…

「青木 …。今もメダカや桜を宇宙に持ち込んで、それを、地球に持って帰ってくるようなサービスありますしね。
山崎 例えば、酵母を宇宙に持って行って、帰還後に、それで日本酒を作ったり、とかもありますね。」

サブオービタル、オービタル、深宇宙… 着実に進む未来を想像して目が覚めました!
一度は行ってみたい宇宙旅行。

ヴァージンギャラクティックのサブオービタル飛行は、そのままニューメキシコ州のスペースポートに舞い戻るほか、他国のスペースポートに着陸するという選択肢があり、アジアだと確かマレーシアが名乗りを上げてます。ニューメキシコ州は住民投票までやって、このスペースポート整備にガンガン減税や投資してます。

また、ヴァージンギャラクティック社の宇宙旅行は訓練が必要なもので、戦略技術たる航空分野のITAR(国際武器取引規則)に該当するため、中国には着陸できません。保険も通常のものには入れないはずです(特別なものはあるかも)。一般的な旅行というイメージとは異なります。

旅客輸送としてのサブオービタル飛行は、エアバスが取り組んでいます。こちらは超高速で2点間を移動することを主軸としたものであり、無重量空間までは行かないのかな?型式認定を取って、安全に乗れるものですが、その手続きは果てしないものになると思います。

サブオービタル飛行を、宇宙活動として監督するのか、航空行政の延長として見るのかは国際的な議論があります。ま、どっちにしてもその境目は、どんどん無くなっていき、これからどんどん普及していき、地球はどんどん狭くなります。

まあ、地表100キロメートルなんて、俯瞰してみればほぼ地表なので、どうせ飛び立つなら深宇宙まで行ってみたい。生きてるうちには実現しないかな。。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
90.3 兆円

業績