新着Pick
757Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
移動には必ず目的があり、移動は手段でしかありません。
クリーニングだけでも3パターンあります。

①自分の自動移動:クリーニング屋に自動運転車で行く
②モノの自動移動:クリーニング屋の自動配送車が引き取り
③自動サービスの所有:自宅でクリーニングマシンを使う

どれも自動化の未来像です。
食事なら、①外食、②デリバリ、③自動調理機。
散髪なら、①床屋、②訪問散髪、③散髪マシン、ですね。

サービスを受けるのではなく、逆に仕事に行くならば、
①自動運転車で通勤
②仕事が自動配送車で自宅に届き、自動配送車で納品(内職?)
③リモートアクセスやテレビ会議でテレワーク

人の移動だけでなく、モノの移動、そもそも移動しない、
という発想が大事ですね。
できればあまり移動したくない。
なんだかんだで疲れます。
近くにお気に入りのカフェがあった方がいい。そこに行くまでの手段は安ければいい。

人の移動はモビリティだが、自動運転になるとどこに行けるか、必要なものを取り寄せるかというアベイラビリティの問題になる。

もう一つは、モビリティ内の空間だけでなく、モビリティが専有する空間の価値も変わってくる。
移動している時間の付加価値は確実に上がるでしょうし、移動弱者が減るのはその通りですね。
尤も私などは一台のクルマで数人で移動する際は、基本的にハンドルを握りたいと思ってしまう人種です。
運転者は寝ることもお酒を飲むこともスマホをいじることもできないのにね。
ポイントは移動中に何をするかと言う選択肢が増えることでしょう.
車の運転が好きでどうしても忘れられない人は,運転を体験すれば良い.ただし公道上はあくまでバーチャルの体験で実際に制御しているのは自分ではないのだけど.本物の運転をしたい人は専用場でどうぞ.外の風景を楽しみたい人は外を眺めていれば良い.運転操作に煩わされることなく妄想に浸れます.仕事をしたい人は仕事を,寝たい人は寝れば良い.
モーターショーなどを見て感じたことなのですが、車の空間としての意味合いが強くなると、走行スピードが一定ではないこと、ストップ&ゴーが多いこと、などは快適性にとって大きな問題となります。安全・安心な移動において、インフラ設計がいかに重要か。
人間の脳が喜ぶことの一つに「移動すること」があります。

電車やクルマの助手席で移ろう景色を眺めながている時、
自分でその移動手段を操っている時、
ただ散歩しているとき、
脳は最高に活性化するようです。

未来のテクノロジーが奪ってはいけないところでしょうね。

少なくとも自分は車の中で映画を見たいとは思わない。
この話になると、結局移動しないのが一番なんですよね。
移動の時間が無駄って所の解決なんですから。
移動が手段のときもあれば、そうでないときもある。移動の時間を豊かに楽しくさせることが新たなモビリティーの役割だと思います!
物凄く遠い様にも感じるけど、現実的な話。夢がある。
Panasonicの分野を四つに絞る経営方針は、こういった所に落ちてくるんですね。

移動が移動でしかない人たちの人生を変える選択肢。誰にでも関係あるし、面白い。社会インフラのイノベーションなので他産業への影響も高い。
もはや移動ではない、ということですね。面白い。