新着Pick
302Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
一流への王道は「師匠」、「基本的なこと」こそ「人」からしか学べない、とのこと。
1987年に三井銀行のM&Aグループに入った頃、まだM&Aの本も何もない時、国内のM&Aは4年先輩の多屋幸夫さん、海外は同じく4年先輩の須内信次さんに教えて頂きました。それが今日のM&A業務の基礎になっています。
見出しが不正確ですね。

正しくは、器用で仕事は早いが考えが浅はかな人は危ないと言う、極めて当たり前なことを言っているかと思います。

仕事が出来るようになることは、積み上げていくことです。
経験を積み上げていく中で、基礎がしっかりしていないと、積み上げが高くなるほど基盤が不安定になります。

だから、仕事の基本はしっかり身につけなさい、それにはロールモデルが必要です、我流には限界がありますということです。

私、先日、とある事業を立ち上げたいと言っていた若い優秀な男性に、考えた末に、そのような事業モデルは日本にはまだないから、アメリカのとある会社で、短期間でも丁稚奉公してくることを強く勧めました。まさに、この記事のロジックです。
仕事の早い人は、勘の良い人だと思っています。仕事一つ一つの重要性を見極めて、大事な仕事は確実に100点を狙って、適当で済む仕事は適度に手を抜いて80点を取りに行く感じです。で、これは教えてもらっても我流でも構わなくて、この勘の合否を常に確認し、判断基準をメンテしておくことが重要だと思います。人から教わるだけでは、その人のことを超えられないですからね。トガッて目立っている人は我流が多いと思いますよ。
若い人もさることながら、僕のような40歳を超えた人こそ、あらたな師匠との出会いが大事ですね。
タイトルが極端(笑)
まあ、人も仕事もベンチマークは必要ですね。
ただ、ベンチマークは複数あるべきで、それらのベストプラクティスの上に、自分流をいかに加えられるかですね。