新着Pick
239Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白い。下記引用だけでもぜひ一読を。Googleほかの派手な打ち手に注目が行きがちですが、シーメンスやMicrosoftの安定感というか度量はすごいと思います。

-----
ウサギとカメの話に例えられるかもしれません。GEは産業用プラットフォームやソフトウエアに短期集中で投資しました。
これは推測ですが、投資のスピードに事業化のスピードが付いていかなかったのではないでしょうか。デジタル化の市場の立ち上がりに時間が掛かったこともあるでしょう。
一方、シーメンスはソリューション事業を強化するために2000年ごろから1兆円以上を投じてソフトウエア会社を買収し、着々とデジタル化のビジネスを拡大してきました。
いまでは100万個の機器をつなぐ世界最大級の産業用プラットフォームを有しています。
全社売上高約11兆円に占めるソフト(デジタル化のサービス)の割合は5%ですが、利益への貢献度は大きいです。
藤田さんもおっしゃっていますが、それぞれが依拠している市場でのスマート化のトレンドとスピード感が異なる部分が大きいと思います。

たしかにGEはスマートファクトリーにかなりの投資をしてきましたが、あくまでソフトウェアに対する投資で、IoTの成否を決めるエッジは握れていない領域への投資になったことは否めません。逆にエッジを握れている発電領域はIoTのトレンドもスピード感もFA領域に比べて劣っていたというのも厳しい。

一方、シーメンスはFA領域ではPLC含めエッジについても日中、アジア諸国で相当な導入実績が有り、かなり入り込んでいます。そうした中で、ソフトウェアに対する投資を加速し、一気にスマート化のトレンドに乗れ、そのスピードも早かった。これが勝敗を左右したと言えます。

但し、これはGEとシーメンスとの比較での話であり、キーエンスや三菱電機等との比較ではシーメンスが勝ち続けるとは言えないと思います。なぜならば彼らも相当なエッジでの導入実績を有しているためです。日本勢のスマートファクトリー分野での今後の更なる攻勢に大注目です!
IoT領域のデータビジネスで勝つのはハードの製造能力のある会社だというのは多分その通りだと思う。もちろん単にハードを作っているだけではダメで、ハードを作りつつデータ側で稼ぐモデルを築き上げることができた会社ということになるはず。
これはインターネットビジネスの世界の勝負が最終的にはハードになったのと同じ構図。
シーメンスのデジタルインフラ企業への転身ぶりには目を見張るものがあります。インダストリー4.0を支える重要概念である「デジタルツイン」関連のソフトウエア充実のため、総額1兆円を投じて立て続けに企業買収を行ったり、産業向けデジタルプラットフォームソフトウエア「MindSphere」を投入したり。

とりわけ後者ではライバルGEの「Predix」が先行していたわけですが、クラウドサービスでは当初からAWS、続いてMSとオープン戦略を取ったシーメンスのほうに軍配が上がった格好。しかもGEが買収企業のソフトウエアの統合に手間取っている間に代理店や顧客をシーメンスに一部奪われてしまうという、敵失が幸いした面もあります。

さらにシーメンスが周到なのは、多くのドイツ企業がそうであるように中国とがっぷり四つに組んでいる点。昨年秋には清華大学と提携して自律型ロボットのグローバル研究開発拠点について同大への設置をアナウンスし、MindSphereでも新たにアリババクラウドをクラウドのパートナーに加え、中国市場拡大の態勢も整えました。

一方でトランプ政権のもと、米中貿易戦争真っ盛りという中で、GEとしては中国ビジネスを広げづらい側面も。加えてシーメンスは長らく製造業向けのFA事業で培ったモノづくりに関する豊富な知見・ノウハウを持ち、これらがインダストリー4.0関連のビジネスを拡大する上で有利に働いているのも間違いないでしょう。

あえて隘路があるとしたら何が考えられるかというと…。たとえばインダストリー4.0自体は非常に素晴らしい構想なのですが、アーキテクチャーがあまりに壮大すぎて地元ドイツの中小企業などにとって敷居が高い点が一つ。それにチャイナリスク。三つ目は、ソフトウエア企業を次々に買収しているので、その組織およびソフトウエアのアフター・マージャー・インテグレーション(事業買収後の統合)の過程で万一不具合が出たりすると、産業向けプラットフォームソフトウエアの分野でもGEの二の舞になりかねないといったところでしょうか。

いずれにしても、シーメンスにとってはことデジタルビジネスの領域で、まだまだ伸びしろがあるのではと感じています。
まだまだ過渡期かと。

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.69 兆円

業績