新着Pick
247Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
目利きとVCですか。確かにアーティスト、タレント共
軌道に乗るまでの初期コストと育成が大変ですから。

昔のレコード会社なんか売れない専属アーティスト50人くらいを
スターアーティスト1人か2人の莫大なCD売り上げで、
回してどうにか食わして、次のスター生んでいく様な感じでしたから、、

此れからはそういうビジネスモデルは、中々あり得ないので、
発掘スカウトマンの目利きで、育成対象を絞り込んで、
数年かけて育てて独立させるという事ですが、
そのタレントやアーティストに経営能力が有るか如何かは、
また別話ですし、ビジネスに不可欠な
社会通念や常識があまり理解出来ないビジネス向きでない人が、
表舞台で、輝く人を魅了する圧倒的なスターの場合も多いですので。

暖簾わけになると、確かに出資してストックホルダーとして、
株で回収はわかるんですが、
アーティストと一緒に例えば、
実務マネージャーも出て行く場合が大半で
担当アーティストを、売って独立出来るくらいの
マネージャーですから結構優秀で、
其処が、実は、人材流出としては結構痛手なんじゃないでしょうか?
アーティストやタレントになりたい、
自己顕示の強い人なんか、掃いて捨てるほどうじゃうじゃいますが、

今の時代、昔のタレントの付き人鞄持ちみたいな、
他人に献身的なマネージャーになりたい若い人は殆どいないでしょう。

扱いが、面倒なタレントやアーティストを束ねる力のある若い優秀な
プロデューサー型のマネージャー資質を持った人は、多分音楽芸能では無くて、普通に考えればIT方面とかに行くと思います。

タレント、アーティストともブレイクスルー直前の
回収時期でのビジネスモデルの設計は、意外と
簡単に同タイプの顧客データベースの動向の分析で出来ますが、
金の卵を、踏ん張って数年かけて育て上げれる様な
人材こそが今エンタメ業界で、1番重要かつ不足しており、
その人材を育成、確保する事は、容易では無いと思います。

*モノを売るのはジャパネットたかた手法や、インスタマーケティング的な優秀なセールスマン気質のタレントで、事足りますが、
コトを売るのは矢張り人としての魅力や芸能的な技術技量なので、
プロデューサーかアルチザンの資質が、実演家にしてもスタッフにしても必要です。
エンタメ系の会社の多くは昔からの、ベンチャーキャピタル的な機能で生きています。特に出版社はそう。
ただ、「VC」とか「インキュベーション」という風に言ってしまうと、その本質を表しきれているような気がしません。言語的違和感。なんでだろう。古いからカタカナ馴染まないだけ?笑
これからの会社は芸能プロダクション化していくと思う。

価値の主体は戦後復興期は業界、高度経済成長期は会社、そして今は個人へと移り変わってきた。

ビジネスがソフト化していくことでこの流れはますます加速化していく。

個人でビジネスがしやすい時代に、個人が会社に所属する意味はどんどん希薄化していく。

そんな中で、会社は芸能プロダクションとしてタレントである個人に下記のような価値を発揮しなければいけなくなる。

①個人をタレントにすべく育成する機能
②個人にタレントとしての仕事の機会を提供する機能
③個人をタレントとして広報宣伝していく機能
④個人がタレントに専念できるように庶務を代替する機能

弊社でもまずはスペシャリストに対して、これらの機能を強化して、芸能プロダクションになっていきたい。
タレント、アーティストの世界だけでなく、あらゆる組織や職種がこのような方向性になるのかもしれませんね。ますます、会社や組織の看板ではなく、ひとりひとりの能力が大事になる。(制度的制約はあるけど、大学とか比較的このモデル取りやすいのでは…?)

価値と個人が直結する世界は、一見良さそうなのだが、奴隷的にカネに支配される人が現れそうな予感がどうしてもしてしまうのです。

こういう時代の政府の役割、制度設計、セーフティネットのあり方とは…
アシュトンカッチャーやウィルスミスのように、芸能界にエンジェル投資家が多いのは、「人を見抜く」という点において、アーティストも経営者も共通した部分が大きいからと思います。

ベンチャー投資はアートとサイエンスの融合。アーリーステージなベンチャー投資ほどヒューマンの要素が強くなります。
まずは「VCと組む」でしょうね。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。